• ホーム
  • 芸能
  • 木村拓哉、『BG』クランクアップ「句読点の“読点”だといいなぁ」

木村拓哉、『BG』クランクアップ「句読点の“読点”だといいなぁ」

 俳優の木村拓哉が主演するテレビ朝日系木曜ドラマ『BG〜身辺警護人〜』の最終回がきょう15日(後9:00〜10:09※15分拡大)に放送される。先日、クランクアップを迎えた木村のコメントが到着した。

 木村がクランクアップを迎えた日は、アクションシーンの撮影が深夜にまで及んだが、すでに撮影を終えていた斎藤工間宮祥太朗が駆けつけて花束を手渡すサプライズに、木村も「ありがたいですね」と、とてもうれしそうな表情を見せていた。

 3ヶ月間に及ぶ撮影を終え、木村は「毎日このメンバーで撮影して、移動して、お弁当食べて…ってずっと一緒にいたので、急にこれで終わりです、って言われてもなんだか信じられない」と、クランクアップの実感が湧かない様子。連日ハードスケジュールが続いたが、全力で撮影に挑んだ時間を振り返り、「本当にキツい中での撮影だったけど、それによって強い絆も生まれました。このチームの一員として撮影に参加できたことは、とてもありがたいこと」と感慨深そうに語っていた。

 本作で木村は、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る民間“ボディーガード”を演じたが、「実は第1話ができ上がって、放送を見るまではこの作品がどんなものになって、みなさんにどんな風に受け取ってもらえるか、ボディーガードという職業が今の世の中にどんな求められかたをするかということが不安でもあったし、ドキドキしていたんです」と明かす。

 続けて「でも多くの方に受け入れていただけましたし、(自分が所属する身辺警護課の)キャラクターひとりひとりの個性も、それぞれの役柄を上川隆也さん、斎藤工くん、間宮祥太朗くん、菜々緒さんが演じてくれたからこそ、輝いていたのだと思います。撮影自体は終わりましたけど、きっと日ノ出警備保障の身辺警護課のメンバーたちはどこかで活躍し続けるんじゃないかな。だから彼らが必要になったときは“連絡”をしてほしいな、って思います」と、愛着たっぷり。

 「物事には必ず始まりがあって終りがある、というのは当たり前なんですけど、これが終わりじゃなくて、句読点の“読点(、)”だといいなぁ、どうしても思ってしまうんですよね」と、名残惜しそうに話していた。



オリコントピックス