• ホーム
  • 映画
  • 大杉漣さん、最後の主演映画『教誨師』10・6公開 監督「凄みを改めて目の当たりにした」

大杉漣さん、最後の主演映画『教誨師』10・6公開 監督「凄みを改めて目の当たりにした」

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)最後の主演映画『教誨師(きょうかいし)』が、10月6日より公開されることが14日、わかった。6人の死刑囚と対話する一人の男の姿を描く作品で、大杉さんは初めてエグゼクティブ・プロデューサーも担当。脚本・監督の佐向大氏は「この作品で大杉漣という役者の凄みを改めて目の当たりにしました。おそらく皆さんも同じ思いを抱くのではないかと思います」と語っている。

 “教誨師”とは、受刑者に対して道徳心の育成、心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人のこと。同作では、死刑囚専門の教誨師である牧師・佐伯(大杉さん)と死刑囚たちの関わりを通して、佐伯も自らの人生と向き合うことになる。

 ほぼ教誨室での会話劇となり、ときにユーモアも交えながら“死”の側から捉えられた強烈な“生”の物語が展開。大杉さんは、膨大なせりふ量とユニークな内容ゆえ、「役者にケンカを売っているのかと思った」と評したオリジナル脚本を体現し、圧倒的な存在感で演じきった。死刑囚役で、大杉さんとは『バイプレイヤーズ』シリーズでも共演してきた光石研のほか、烏丸せつこ古舘寛治、劇団・柿喰う客の玉置玲央が出演する。

 脚本・監督は、死刑に立ち向かうかう刑務官を描いた『休暇』や、大杉さんも出演した『ランニング・オン・エンプティ』などの佐向氏。「3年前、小さな喫茶店で、この企画を一番最初に話したのが大杉さんでした。『いいね、やろうよ』。この一言をきっかけにこの作品が生まれました。私にとって主演俳優以上の存在だった大杉さんの訃報を前に、全く心の整理がついていません」と無念さをにじませる。「ただこれだけ言えるのは、人生は限りがある。だからこそ、かけがえのない時間を、かけがえのない仲間とともに、どんなお仕事でも遊びでも手を抜かず、一瞬一瞬を精一杯全力でやられていた方だったのではないか。あの優しさ、包容力、エネルギーはそんなところからきていたのではないか。今はそんな気がしています」とコメントを寄せた。



オリコントピックス