• ホーム
  • 芸能
  • 栗山千明、共演の亀梨は「本当にジェントルマン」 撮入でいきなりキスシーン

栗山千明、共演の亀梨は「本当にジェントルマン」 撮入でいきなりキスシーン

 女優の栗山千明が出演する13日放送カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『FINAL CUT』(毎週火曜 後9:00)最終話を前に大阪のカンテレ本社で会見を行い、みどころをアピールした。相手役を演じたKAT-TUN亀梨和也について栗山は「本当にジェントルマン。さりげない気遣いをされる優しい方でホッとしました。主演を演じるのはプレッシャーもあって、体力的にも大変だったと思いますが、いつも明るく現場のムードも高めてくれて、素敵な方だなと改めて思いました」と好印象だった。

 同ドラマは12年前に殺人事件の犯人という汚名を着せられて命を絶った母親の無念を晴らすため、警察官となり、当時の報道に関わったメディア関係者にファイナルカット(致命的弱点を捉えた映像)を突きつけて復讐。そして、事件の真犯人を追いながら真実を追求していく主人公・中村慶介の姿を描く復讐劇。栗山は12年前の事件の真犯人と思われる男の妹でありながら、慶介と惹かれ合うヒロイン・小笠原雪子を演じている。

 物語の前半は慶介とのピュアな恋愛描写も多く「やっぱり恥ずかしいですね。4話目ぐらいまでは恋愛を楽しんでいるシーンが多くて、中学生同士の初恋みたいな恋愛模様でした。見つめ合って微笑み合うというのが、オンエアを見ても照れくさかったです。でも、だからこそ相手が亀梨さんでよかったです!」と信頼を寄せる。そんな亀梨とは実は、クランクイン初日がキスシーンだったそうで「出会いのシーンよりも先にとったので、それは緊張しました(笑)」と照れながら振り返った。

 最終回は「救いもあり、現実的なところもあり、納得がいく気持ちのいい終わり方になっていると思うので2時間たっぷり楽しんでください!」と栗山。実は最終回の編集をギリギリまで頑張り、まさに会見の直前に放送テープがカンテレ本社に到着。まだ栗山も完成作を観ていないが「私も今日、キャストのみなさん、スタッフのみなさんと一緒にリアルタイムでオンエアを見ます。普段、どちらかというとじっくり一人で見たいタイプなので、緊張しますし、恥ずかしいです(笑)。でも、みなさんと最終回を見られるのは幸せですし、私も楽しみです!」と期待していた。



オリコントピックス