アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • マーク・ハミル、ハリウッド殿堂入り喜びのコメント全文

マーク・ハミル、ハリウッド殿堂入り喜びのコメント全文

 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)の公開から40年、同シリーズのルーク・スカイウォーカー役で知られる俳優のマーク・ハミルが、米カリフォルニア州ハリウッドにある歩道「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」の2630番目の星が授与され、殿堂入りを果たした。今月8日(日本時間9日)に歩道に面したエル・キャピタン・シアター前にて行われたセレモニーに出席したマーク、祝福に駆けつけた「スター・ウォーズ」シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカス、ハン・ソロ役として共演したハリソン・フォードのコメント全文を紹介する。

■ジョージ・ルーカス
 マーク・ハミルは、創造しようにもできない“キャラクター”だ。ルーク・スカイウォーカー役の俳優を探していた際に出会った彼は、田舎の農場で育ち、純朴ながらも大きな夢を抱いた青年ルークそのものだった。長い時間を費やしたオーディションの過程では、彼自身の演技力はもちろん、3人の主人公を中心とした群像劇という点で、残りの2人(ハリソン&レイア姫役のキャリー・フィッシャー)との相性も非常に重要だったんだが、心配するだけ無駄だったよ。彼らは出会った瞬間から意気投合。いつも悪さを企んでいる高校生の仲良し3人組といった感じで、時には手を焼いたけどね(笑)。

 『スター・ウォーズ』のオーディションから今日まで、何十年という長い道のりだったけど、彼がウォーク・オブ・フェイムの星を手にしたことを心からうれしく思う。長い旅路の終わり、といった感もあるけど、マークはこの先もまだまだ、たくさんの映画で勇姿を見せてくれるだろう。私のキャリアはもう終わっているけどね(笑)。とにかく、おめでとう!

■ハリソン・フォード

 ワオ!すごい人だかりだな。ちなみに僕が星をもらった時は、もっとたくさんのファンが詰めかけたけどね(笑)。今日の式典でスピーチをするにあたって、さっきジョージが話していたスクリーンテストの映像を見返してみたんだけど、記憶していたよりマークの演技が上手くて驚いたよ(笑)。若者らしい初々しさと情熱が、全身からほとばしっていた。宇宙船や奇妙な生き物が織り成す奇想天外な『スター・ウォーズ』の世界で、その奇抜な世界観に違和感なく溶け込みつつも、真実味と信ぴょう性を感じさせるリアルな主人公という難役を、マークは見事にこなしてみせた。

 この晴れの日に、3人組の1人がこの場に居ないのはとても残念だし寂しいけれど、キャリーもきっと見守ってくれているはずだ。お互い忙しくてめったに会う機会がないとは言え、良き友人である彼がこうしてハリウッドの殿堂入りを果たしたのは本当にうれしいし、出会った頃から今も変わらず物静かで誠実で、周りに惑わされることなく己の人生を着実に歩み続ける彼に、心からの祝福と賛辞を贈りたい。おめでとう、相棒!

■マーク・ハミル

 みんな、どうもありがとう! 感謝と喜びで胸がいっぱいで、言葉が見つからないから、短いスピーチになるだろう。まぁ言葉がないという点では、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と同じだけど(笑)。冗談はさておき、まずはジョージ・ルーカスに感謝したい。彼という天才の存在なくして、今日このステージに僕が立つことはなかったわけだからね。僕の人生を劇的に変えてくれたジョージには、感謝しきれないよ。

 ハリソンに初めて会った時、彼はすでにスターだった。コッポラ監督の『カンバセーション』や『アメリカン・グラフィティ』といった素晴らしい映画の数々を見て、僕自身も彼のファンだったしね。「調子に乗るなよ」という最高のアドバイスをくれたのも、映画史上最も偉大な俳優の1人である彼だった。今でもそのアドバイスをしかと心に留めているよ。

 それから、この晴れ舞台のために全国各地から駆けつけてくれた、僕の兄弟姉妹たちにもお礼を言いたい。子供の頃から僕が連日繰り広げた、くだらない人形劇やマジックショーや下手くそなモノマネに付き合ってくれてありがとう(笑)。

 そんな風に、幼い頃から好きでやっていたことが生涯の仕事になるなんて、夢にも思ってなかったし、そうめったにあることじゃない。自分は本当にラッキーだったと思うよ。横浜の高校を卒業後、アメリカに戻ってきてすぐ、メルローズ通りの小さな劇場で舞台に立った僕に、当時レコード会社にいたギル・ボーガスが目をとめて、アラン・カーに紹介してくれた。彼がエージェント探しを手伝ってくれたおかげで、その年のクリスマスには、あっという間にSAG(全米俳優組合)の会員になっていたんだ。大学に通いつつ、翌年の夏にはすでにプロの俳優として仕事をしていた。当時は「ふーん、こんなものなんだ」と軽く考えていたけれど、後になって自分がどれほどラッキーだったか痛感したよ。自分がいかに恵まれていたかということだけは、今でも忘れないよう常に心に留めている。

 今日、この栄誉を与えてくださったハリウッド商工会議所に加えて、ディズニーにも感謝の意を表したいと思います。ディズニー作品を見て育った僕にとって、ディズニー・ファミリーの一員になれたのは、夢のようなこと。素晴らしいディズニー映画の数々にインスパイアされて、この業界を目指すようになったのですからね!

 そして何よりも、今日ここに集まってくれたファンの皆さんに感謝します。長年僕のキャリアを支え続けてくれた君たちファンの存在なくして、今日の僕はいません。本当に、本当にありがとう。皆さん1人1人が、フォースと共にあらんことを!

* * *
 シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は4月18日より先行デジタル配信開始、4月25日よりMovieNEX(4200円)、4K UHD MovieNEX(8000円)、4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(1万5000円※数量限定)を発売(価格はすべて税別)。Blu-ray、DVDのレンタルも同日開始。



関連写真

  • ハリウッド殿堂入りを果たしたマーク・ハミル(中央)。ジョージ・ルーカス(右)、ハリソン・フォード(左)が祝福。R2-D2も
  • 「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」の2630番目の星を授与されたマーク・ハミル
  • シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は4月18日より先行デジタル配信開始、4月25日よりMovieNEX(写真)ほか発売

オリコントピックス