ドラマ&映画 カテゴリ

『ロスト・イン・スペース』キービジュアル&予告編解禁

 1960年代に人気を博した米ドラマ『宇宙家族ロビンソン』を新たに映像化した、Netflixオリジナルドラマ『ロスト・イン・スペース』(4月13日より世界同時配信)のキービジュアルと予告編が解禁された。

 舞台は、宇宙への入植が現実のものとなった30年後の未来。宇宙での新しい生活を求めて旅立つロビンソン一家は、新天地を求めて旅立つ途中、宇宙船が突然軌道から外れる事故が発生、一家は目的地からはるか遠く離れた見知らぬ危険な宇宙でサバイバルしなければならなくなる。

 解禁されたキービジュアルに写っているのは、謎のロボットと向き合うロビンソン一家の最年少の弟ウィル。ロボットに追いつめられているようでもあり、まるで映画『E.T.』で人間のエリオットと地球外生命体E.T.が心を通わせたような姿にも見える。併せて公開された予告編映像の冒頭でも、ウィルとロボットの出会いが描かれ、ウィルは「友達なんだ」と家族にロボットを紹介しているが、父ジョンは「一体何者だ?」とその素性を疑っているよう。謎のロボットは敵なのか、それともロビンソン一家の救世主となるのか?

 予告編では、不時着した惑星の荘厳で美しい景色を見ることができ、まるで本当に別の惑星に飛び込んでしまったようなスケールの大きさを感じさせる。この一見、美しく見える大地にも、襲ってくる未知の生物がいたり、氷のクレバスがあったりと一家は常に危険にさらされていくよう。さらに「家族を救いたいなら、私を手伝うのよ」と母モーリーンに迫る謎の女性の正体は? 壮大な宇宙で文字通り“迷子”になってしまったロビンソン一家は、無事に生き延びることができるのうか?

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる