• ホーム
  • 芸能
  • 舘ひろし主演『60 誤判対策室』竹原ピストルらキャスト追加発表

舘ひろし主演『60 誤判対策室』竹原ピストルらキャスト追加発表

 俳優の舘ひろしが主演するWOWOW『連続ドラマW 60 誤判対策室』(5月6日スタート、毎週日曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)のオールキャストが発表された。

水川あさみ、“女性の性欲”赤裸々に『ダブル・ファンタジー』ドラマ化 (18年02月23日)


 ニューウェーブ警察ミステリー小説「エウレカの確率」 シリーズ(講談社)などで注目を集めた石川智健氏の法廷ミステリー(講談社文庫※3月15日発売)が原作。定年を控えるベテラン刑事・有馬英治(舘ひろし)、若手弁護士・世良章一(古川雄輝)、女性検察官・春名美鈴(星野真里)の3人が所属する「誤判対策室」は、死刑囚を再調査し、えん罪の可能性を探る部署。

 有馬は、かつて担当した事件で無実の者をえん罪に陥れた過去があり、その事件への贖(しょく)罪の気持ちを持ちながら、えん罪事件の可能性を疑いのある事件を調査していった先に、一人の死刑囚にたどり着く。

 多くの謎に突き当たりながらも次第に隠されていた真実が次々と浮かび上がってくる。死刑囚の死刑執行というタイムリミットが迫る中、刑事・弁護士・検察官、登場人物それぞれの戦いがひとつになるとき、物語はクライマックスへと向かって進んでいく。

 今回は、春名の上司検事・西島慎太郎役に村上淳、詐欺集団の首謀者・矢野高虎役に赤堀雅秋、高虎の妻・矢野琴乃役にハマカワフミエ、有馬の通う風俗店の風俗嬢・中倉綾子役に酒井若菜、冤罪被害者・中倉徹役に竹原ヒ?ストル、死刑囚・古内博文役に康すおんが配役されている。



関連写真

  • WOWOW『連続ドラマW 60 誤判対策室』(5月6日スタート)新たに発表された出演者(C)WOWOW
  • それぞれのキャラクター性を表現したポスタービジュアル(C)WOWOW

オリコントピックス