ドラマ&映画 カテゴリ

KAT-TUN・亀梨、橋本環奈らからサプライズバースデー “32歳の抱負”語る

 人気グループ・KAT-TUN亀梨和也が、主演中のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『FINAL CUT』(毎週火曜 後9:00)の撮影現場で32歳の誕生日を迎え、共演の橋本環奈やスタッフから祝福を受けた。

【写真】その他の写真を見る


 今年はグループ再始動、同ドラマ主題歌担当と新たなスタートを切ったばかりの亀梨。「僕は23日生まれで、23をラッキーナンバーにしています。そして32歳ということで、いろいろと今年起きる波に対応し、自分自身としっかりと向き合っていきたいと思います」と抱負を語りつつ「ドラマも最後まで気を引き締めていきたいと思いますので、皆さんよろしくお願いします。ありがとうございます!」と感謝を込めた。

 橋本との共演シーンの撮影冒頭、ロケ現場に歩いて向かう亀梨は、視線の先のスタッフや橋本の雰囲気から早くも何かを察した様子で、両手を高々と挙げながら笑顔で登場。橋本から「祝われる気満々ですね!」と茶化されながらも、改めてスタッフによって誕生日が告げられると、橋本やスタッフ、さらには偶然現場を通りがかった小学生たちからの拍手の嵐に「すごい祝福されている(笑)」と満面の笑顔を浮かべた。

 そんな亀梨に贈られたのは似顔絵入りケーキ、そしてサプライズとして最初に登場したのは、亀梨の大好物であるイカの刺身を亀の形に盛り付けた、名付けて「特製イカづくしの“亀”」という珍しいプレゼント。寿司職人がモンゴウイカに焼き目や切れ込みを入れて造ったお刺身に、亀梨は「すごい! 感動!」と大興奮で「“カメ”が“亀”を食べるって(笑)」と笑いながらも、“イカ亀”にかぶりつくと「おいしいです!」と堪能した。

 もう一つのサプライズプレゼントは特製モザイクアートパネル。ドラマのポスターをモチーフに、よく見ると出演者やスタッフ、さらにはこれまでのドラマのシーン写真で構成されており、「みんなの写真がありますよ!」という橋本の説明に、亀梨はじっくりと見つめながら「すごい…ありがとうございます!」と感激した。

 現場での心づくしのお祝いに「こっぱずかしいですけど、やっぱりお仕事の場所で新たな一年のスタートを迎えられることは、あらためて幸せだなって思います。この一年は、グループも動き出したり、主題歌を歌わせてもらったり、いろいろなものが新たな角度をもって動き出す中なので、しっかり向き合っていきたいなと感じています」と気持ちを新たに。

 ドラマもいよいよ結末に向けて走り出したが「思い残すことなく自分自身も向き合って、より多くの方に楽しんでいただき、何かを感じ取ってもらえるものにしたいです」と力強く宣言した。

関連写真

  • カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『FINAL CUT』の撮影現場で32歳の誕生日を迎えた亀梨和也 (C)カンテレ
  • カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『FINAL CUT』で誕生日を迎えた主演・亀梨和也に贈られた“イカでできた亀”(C)カンテレ

オリコントピックス

メニューを閉じる