ドラマ&映画 カテゴリ

福山雅治、ダンス披露に意欲「人生で一度くらいは踊りたい」

 歌手で俳優の福山雅治が17日、都内で行われた映画『マンハント』公開記念舞台あいさつに出席。『男たちの挽歌』や『ミッション:インポッシブル2』などで知られ、同作でメガホンをとったジョン・ウー監督の撮影秘話を語り、今後の意欲として“ダンス”への挑戦を掲げて観客を驚かせた。

【写真】その他の写真を見る


 共演の桜庭ななみ池内博之と共に撮影を振り返り、池内が「監督がどこかのシーンで実弾を使用できないかって言っていたみたい。もちろん役者がいるところじゃないと思いますが」と明かすと、福山は「改めてジョン・ウー監督ってスケールが大きいなと思いました。結局やらなかったけれど、その発想とやってみたいっていう想像力は自由ですから、ピュアだしスケール大きい」と感嘆。

 撮影中はどんどん台本が変わっていったといい、福山は「最初のシーンで僕はカーチェイスをしているっていうアクションだったけれど、撮影の許可がおりなかった。次にあがってきたのが、溶鉱炉でのシーン。カーチェイスから溶鉱炉かと思っていたら、最終的に今映画に使われているトラックにダイナマイトが仕掛けられているシーンに変わりました」と告白して驚かせた。

 桜庭も、3日間撮影で拘束されるも一度も出番がなかったことや、撮影のために車の免許をとったのに運転シーンがカットされたことなど、裏話を披露。さらに、クランクアップが2回あったといい、「クランクアップしましたって大きな花束をいただいて、寂しいなって東京に帰ったら1ヶ月後にもう1回来てくれと言われて」と苦笑。池内も、最初は福山を追う刑事役でキャスティングされたものの、出演が決まった1週間後くらいに役が製薬会社の次期社長に変わったといい、「いつ呼ばれるかわからないから、それが怖いですよね」と笑っていた。

 同作は、西村寿行氏の原作小説『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書店)をジョン・ウー監督が再映画化。無実の罪を負わされた国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)と彼を追っていた孤高の刑事・矢村聡(福山)が、共に真実を追求していく姿を描く。

 今後に初挑戦したいことを聞かれた福山は、「人生で一回くらいは踊ってみたい」と回答。会場のファンから期待の声が上がると、「50歳前後の世代は踊るということがあまりなかった時代なので、機会があったら」と含みを持たせていた。

関連写真

  • 『マンハント』公開記念舞台あいさつに出席した福山雅治 (C)ORICON NewS inc.
  • 『マンハント』公開記念舞台あいさつに出席した(左から)池内博之、福山雅治、桜庭ななみ (C)ORICON NewS inc.
  • 『マンハント』公開記念舞台あいさつに出席した福山雅治 (C)ORICON NewS inc.
  • 『マンハント』公開記念舞台あいさつに出席した池内博之 (C)ORICON NewS inc.
  • 『マンハント』公開記念舞台あいさつに出席した桜庭ななみ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索