• ホーム
  • 映画
  • 窪田正孝、幼少期の兄弟関係は“血みどろ”「大人になって仲良くなった」

窪田正孝、幼少期の兄弟関係は“血みどろ”「大人になって仲良くなった」

 俳優の窪田正孝が10日、都内で行われた映画『犬猿』初日舞台あいさつに登壇。兄弟・姉妹の関係にスポットを当てた作品の内容にちなみ、自身の兄弟関係を聞かれると「僕は兄が2人いるんですけど、小学生くらいまでは血みどろでしたね」とぶっちゃけた。

【写真】その他の写真を見る


 それでも、兄の優しさを感じる瞬間もあったといい「虫を採りに行ったときに、僕の手にゲジゲジみたいなとんでもない虫がついて、泣きじゃくったことがあった。兄貴は笑いながらどっか行っちゃったんですけど、しばらくしたら戻ってきてくれて、ティッシュを使って払ってくれたんですよ」とにっこり。「そんなことがいろいろあって、大人になってからの方が仲良くなりますよね」と自身の経験を基にかみしめるように話した。

 一方、4歳下の妹がいるという新井浩文は「ウチは仲良かったですね。小さい頃は、日曜日の朝に『シルバニアファミリー』『ビックリマン』『ライダー』シリーズを見て、そのあとに一緒にファミコンをやっていました」と意外な一面を告白。筧美和子は「お姉ちゃんと昔はよくケンカをしていましたけど、今は一番の支えっていうくらい仲が良くて、この間も一緒のベッドで寝ました」と笑顔で明かしていた。

 本作は、印刷会社に勤務する真面目な弟(窪田)と乱暴でトラブルメーカーの兄(新井)、見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉(ニッチェ江上敬子)と要領は悪いがその容姿と人当たりの良さで人気者の妹(筧)。この2組の兄弟・姉妹の関係にある変化が訪れる様子を描いていく。

 舞台あいさつにはそのほか、江上、吉田恵輔監督も登壇した。



関連写真

  • 『犬猿』初日舞台あいさつに登壇した窪田正孝 (C)ORICON NewS inc.
  • 『犬猿』初日舞台あいさつに登壇した筧美和子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『犬猿』初日舞台あいさつに登壇した新井浩文 (C)ORICON NewS inc.
  • 『犬猿』初日舞台あいさつに登壇したニッチェ・江上敬子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『犬猿』初日舞台あいさつに登壇した吉田恵輔監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『犬猿』初日舞台あいさつに登壇した(左から)江上敬子、新井浩文、窪田正孝、筧美和子、吉田恵輔監督

オリコントピックス