ドラマ&映画 カテゴリ

木村拓哉主演『BG』第2話視聴率15.1% 好調15%台キープ

 木村拓哉が、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“ボディーガード”役に初挑戦しているテレビ朝日系ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(毎週木曜 後9:00)。25日放送の第2話(9:00〜10:09※15分拡大)の番組平均視聴率が15.1%だったことがわかった。初回(18日放送)は15.7%だった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 第2話は、裁判官・行永辰夫(田中哲司)の妻・亜佐美(大塚寧々)の身辺警護に付いた主人公・島崎(木村)は、亜佐美に振り回される中、ある真実にたどり着き、亜佐美の窮地を救うという内容。番組のクライマックスでは、亜佐美の命を狙っていた三上を演じる石黒英雄と木村が2分にわたってエレベーターという狭い空間の中で格闘を繰り広げた。江口洋介演じる警視庁SP・落合が皮肉で言ったせりふを借りれば、「たいしたもんですね、武器(ネイルハンマー2本)を持った相手を素手で取り押さえ…(中略)、買い物から密会まで付き合い殺されかけた挙句、夫婦関係の相談にも乗る」活躍ぶりだった。

 第1話で、“ボディーガード”という仕事に対する考え方の違いで、島崎からガツンと言われ、身辺警護課から離脱していた高梨(斎藤工)だったが、6年前まで島崎がボディーガードをしていたキャリアを隠していたことを突き止め、憤慨しながらも復帰することが決定。課長の村田(上川隆也)以下、島崎、高梨、菅沼(菜々緒)、沢口(間宮祥太朗)ら、発足したばかりで互いに信頼関係が築けていない身辺警護課のメンバーが、どう成長していくのかも見どころとなりそうだ。

オリコントピックス

メニューを閉じる