アニメ&ゲーム カテゴリ

2017年映画興収 『美女と野獣』など洋画好調も邦画シェア優位変わらず

 日本映画製作者連盟は25日、都内で記者発表会を開き、2017年(平成29年)の全国映画概況を報告した。興行収入は2285億7200万円(前年度比97.1%)、総動員数は1億7448万3000人(前年度比96.8%)となり、同連盟の岡田裕介会長は「2000年から興行収入を発表していますが、18年間では昨年に続き2番目の好成績」と説明した。

 2017年に日本国内で公開された作品は、邦画594本、洋画593本の計1187本。興行収入は邦画1254億8300万円、洋画が1030億8900万円、構成比は邦画54.9%、洋画45.1%となり、まだ邦画シェア優位は変わらないものの、岡田会長は「洋画が頑張ってくれた年だった」と話した。

 邦・洋画合わせた興行収入の1位は『美女と野獣』の124億円。邦画は1位『名探偵コナン から紅の恋歌』68.9億円、2位『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』44.3億円、4位『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』35.5億円とアニメが根強い人気を見せたほか、3位『銀魂』38.4億円など漫画の実写化作品も好調。興行収入が10億円の作品は38作品、5〜10億円の作品も多く、岡田会長は「10億にいかなくても採算の取れる作品が多かったので、日本映画が信用を取り戻してきている証だと見ている。『君の名は。』や『シン・ゴジラ』のようなメガヒットはなかったけれど、全体に力をつけている」と見解を述べた。

 東宝の代表取締役・島谷能成氏は、高校生の鑑賞料金が1000円になったことから「高校生が映画館に戻ってきてくれた」とし、「高校生の男子女子共に映画館に来やすくなったときに、少女コミックの映画化で高校生の女子が多く駆けつけてくれた。それで手応え得た企画者やプロデューサーが、今度は中高生の男子に向けた企画を作り始めたというのが、今回の順位にも出ている」と解説した。

◆2017年邦画興行収入上位10作品(2018年1月)
1位:『名探偵コナン から紅の恋歌』68.9億円(東宝)
2位:『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』44.3億円(東宝)
3位:『銀魂』38.4億円(WB)
4位:『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』35.5億円(東宝)
5位:『君の膵臓をたべたい』35.2億円(東宝)
6位:『メアリと魔女の花』32.9億円(東宝)
7位:『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』32.6億円(東宝)
8位:『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』25.2億円(アニプレックス)
9位:『忍びの国』25.1億円(東宝)
10位:『22年目の告白―私が殺人犯です―』24.1億円(WB)

◆2017年洋画興行収入上位10作品(2018年1月)
1位:『美女と野獣』124億円(WDS)
2位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』73.4億円(WB)
3位:『怪盗グルーのミニオン大脱走』73.1億円(東宝東和)
4位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』67.1億円(WDS)
5位:『モアナと伝説の海』51.6億円(WDS)
6位:『SING/シング』51.1億円(東宝東和)
7位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』46.3億円(WDS)
8位:『ラ・ラ・ランド』44.2億円(GAGA)
9位:『バイオハザード:ザ・ファイナル』42.7億円(SPE)
10位:『ワイルド・スピード ICE BREAK』40.5億円(東宝東和)

関連写真

  • ディズニー映画『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 一般社団法人 日本映画製作者連盟 新年記者発表の模様

オリコントピックス

 を検索