ドラマ&映画 カテゴリ

木村拓哉、『BG』第2話ゲストの大塚寧々を“お姫様抱っこ”

 武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“ボディーガード”を題材にした木村拓哉主演のテレビ朝日系ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(毎週木曜 後9:00)の第2話(25日放送※15分拡大)に、女優の大塚寧々がゲスト出演する。ドラマ『HERO』(フジテレビ)で同僚検事役だった2人が、“護る側”と“護られる側”として久々の共演だが、「以前に共演したときも、今も、そういうストイックな部分は変わらないですね。木村くんっていくつも目があるんじゃないかと思うくらい、いろんなところを見て、気を配っているんです。そういうところも変わらないなぁと感じました」と目を細めていた。

 第2話で大塚が演じるのは、人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の妻・亜佐美。自宅の玄関先にある自転車に放火されるという事件が起き、夫の行永には警視庁SP・落合(江口洋介)が、妻・亜佐美には木村演じる島崎章たち民間BGが警護につくことになる。横柄な態度で雑用を言いつけてくる亜佐美に、章とともに警護につくまゆ(菜々緒)は辟易。しかし章は、次第に彼女を監視する怪しい視線があることに気付いていく。さらに彼女にはどうやら夫の辰夫には言えない秘密があるようで…。

 亜佐美に振り回されながら警護を続けていく章。その中で、ある出来事から亜佐美が窮地に立たされてしまう。絶体絶命の状況で、章は亜佐美を抱きかかえ、その場からの脱出を図るのだった。

 実は、台本では木村が“かばうように立ち”、大塚が“その場から逃げ出す”となっていたのだが、撮影当日の現場で木村から「(亜佐美を)抱いて走ってしまったほうがいいのでは?」という提案があり、急きょ大塚を“お姫様抱っこ”することになったという。大塚は「何カットも撮影をしたので、重くて大変だったと思うのですが(笑)、木村くんはまったくそんなそぶりも見せず…。どんなシーンに仕上がっているか、ぜひオンエアを楽しみにご覧ください」とアピール。

 ワンシーン、ワンカット、スタッフとじっくりコミュニケーションをとりながら撮影していくストイックさは木村らしさでもある。大塚は「今回、撮影の合間にふと木村くんを見たら、立ち姿がすごく真っ直ぐで綺麗だったんです。ボディーガードって何かあったらすぐに動けるように、どちらかに体重をかけてはいけないんですって。だから撮影中だけでなく、普段からそれを意識しているんだ、と話してくれて、さすがだな、って思いました」と話していた。

オリコントピックス

メニューを閉じる