ドラマ&映画 カテゴリ

唐沢寿明、スーパーカー化身役に大喜び「これをやらなくて何をする!」

 俳優の唐沢寿明が15日、愛知・長久手市のトヨタ博物館で行われたNHK名古屋放送局制作の愛知発地域ドラマ『真夜中のスーパーカー』(3月28日 後10:00 BSプレミアム)取材会に出席。同作で、トヨタのスーパーカー・2000GTの化身を演じる唐沢は「このドラマをやらなくて何をするんだというくらい、うれしい役どころとなりました」と喜びを爆発させた。

 自身も2000GTを所有しているという唐沢は「私はきょうから撮影に入りますが、本当にナイトミュージアムのようなファンタジーな内容で、見るだけで顔がほころんでしまい相変わらずこの車に惚れ込んでいます」と力説。「その化身役をできることは非常にうれしいことなので、精いっぱい楽しい作品にしたいと思います」と意気込んだ。

 同作は、古今東西の世界の名車が並ぶ自動車博物館を舞台に、自動車開発に命をかける人々の葛藤と軌跡を描いた、自動車をめぐる夢と興奮のファンタジー。国産車史上の最高傑作として「ナゴヤ2000GT」に憧れ、自分も「2000GT」のようなスポーツカーを作りたいと夢見るカーデザイナーの白雪(山本美月)と日系ブラジル人4世のリカルド(上遠野太洸)が、唐沢演じる謎の男によって自動車博物館に閉じ込められてしまう。

 今回のドラマがきっかけで、車への興味が沸いてきたという山本は「ドラマの中でもいろいろな仕掛けをしていて、車好きの方にも驚いてもらえるシーンもあります。レースシーンも迫力のある内容に仕上がっていてファンタジー要素もある作品なので子供から大人まで楽しんでもらえる」とアピール。上遠野も「実際に日本にいる日系人の方たち、そのうちのひとりとして心情などを悲劇的というよりは悲しいけれどありふれた現実のひとりとして、ドラマで見せていけたと思っています」と呼びかけていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる