アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • コスプレ
  • 【コミケ93】「ネット配信」「盗撮」など、美人レイヤーがコスプレの“お悩み事情”を告白

【コミケ93】「ネット配信」「盗撮」など、美人レイヤーがコスプレの“お悩み事情”を告白

 29日から31日まで東京ビッグサイトで開催されている同人誌即売会『コミックマーケット93』(C93)。初日は18万人、2日目となる30日は約16万人の来場者を記録し、興奮さめやらぬ『コミケ』会場だが、多種多様な人が集まる会場だけに、“問題”が発生するのも事実。そこで、2日目のコスプレエリアで見つけた美人レイヤーに、コスプレマナーなど『コミケ』の“お悩み”を聞いた。

 『ヘタリア』の人気キャラクター・本田桜に扮していた片瀬らおさん。コスプレ歴は2年ほどで、デビューした時のコスプレも『ヘタリア』だったと振り返る。コミケは毎回参加していて、今年も“通し”で参加する予定だとか。ちなみに、『コミケ会場』近くで開催されている『となコス』にも参加することがあり、『コミケ』は“撮影”、『となコス』は“交流”と、それぞれ楽しみ方は違うとのこと。

 また、『コミケ』に参加していると撮影マナーの悪い参加者にも遭遇するようだ。「特に多いのは、レイヤーに許可を取らずに勝手に撮影する人。知らない間に撮られるのは怖いのでやめてほしいです」と片瀬さん。また、撮った写真を勝手にネットにのせる人も多いのだとか。「レイヤーさんの中にはネット配信NGの方も多いので、マナーとして必ず本人確認をしてほしい」と強調する。

 “コスプレをすること”への敷居が低くなり、年々拡大するレイヤー文化。ここで一度、ルールやモラルの問題について問い直す必要があるのかもしれない。

『コミックマーケット93』(C93)は、12月29日〜31日の3日間、東京ビッグサイトにて開催。



オリコントピックス