• ホーム
  • 芸能
  • 【コミケ93】キャラ再現のために“日サロ通い”も “コスプレ愛”溢れる美人レイヤー大公開

【コミケ93】キャラ再現のために“日サロ通い”も “コスプレ愛”溢れる美人レイヤー大公開

 東京ビッグサイトで開催されている日本最大級の同人誌即売会『コミックマーケット93』(C93)が最終日となる31日を迎えた。例年にも増して盛り上がりを見せる『冬コミ』だが、コスプレエリアの至る所で寒さをものともしないレイヤーを散見。そこで、“寒さ”とも戦う美人レイヤーたちに、コスプレの“魅力”を聞いた。

 『FGO』の人気キャラクター・ニトクリスに扮していた人気レイヤー・かえるちゃんさん。実は、学生時代はギャルサークルに参加していた時代もあったとのこと。「コスプレデビューをしてから肌を白くしたけど、ニトクリスは褐色肌だったので日サロ通いを復活しました(笑)」と笑顔で話してくれた。ニトクリスは露出も多いキャラなのだが、寒さは大丈夫かと聞くと「撮影中はアドレナリンも出ているからなのか、寒さはあまり感じません。でも、暇な時はめちゃくちゃ寒いんです」と“レイヤーあるある”を披露。

 また、撮影で困るのはどんな時かと聞くと「漫画やアニメに登場する“名シーン”のポーズを再現させようとする人は困ります(笑)」と暴露。漫画などは誇張表現もあるため「そんなポーズは無理!」ということもあるようだ。しかし、色んなことがあるから“コスプレ”は楽しいとも。「コスプレは“違う自分”になるための手段。好きなキャラになることで自信が持てる」と、コスプレの“効用”を力説。「もし、自分の違う一面を知りたいという人がいたら、ぜひ“コスプレデビュー”してみてください!」(かえるちゃん)

『コミックマーケット93』(C93)は、12月29日〜31日の3日間、東京ビッグサイトにて開催。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス