• ホーム
  • 芸能
  • さんまの小学生時代の担任はボクシング世界王者・村田諒太の親戚

さんまの小学生時代の担任はボクシング世界王者・村田諒太の親戚

 ボクシング WBAミドル級世界チャンピオン・村田諒太がカンテレ・フジテレビ系お正月特番『新春大売り出し!さんまのまんま』(2018年1月2日 後3:45〜6:30)に出演する。12月下旬、都内のスタジオで行われた収録に参加した村田。10月にミドル級世界チャンピオンになった際の男泣きについて、さんまが直撃する。

【写真】その他の写真を見る


 さんまの質問に「コーヒーおいしいですね」とはぐらかした村田。世界チャンピオンの独特の返しに、さすがの“お笑い怪獣”も「何の話ししているの? インタビューしているの! もう、聞かへん!」と調子を狂わされてしまうが、当時の心境について「試合の段取りをつけるのに周りの人たちにも苦労をかけたので、ホッと泣きですね」と村田。

 竹原慎二以来、日本人2人目のボクシング ミドル級世界チャンピオンという快挙に、さんまは改めて「奇跡!」と、大絶賛。あまりの持ち上げように村田は「ちょっと悪さしていた自分が、金メダルを獲得したり、世界チャンピオンになったりと、冠が変わっただけで過大評価されるのは、大した人間でないのでサブいというか…」と決まりが悪そう。そんな村田の謙虚さに、さんまは「えらいわ〜! 俺も一からやり直すわ」と感心しきりだった。

 村田のお土産は、10月のミドル級タイトル戦で使用したトランクスのスペア。「実際に使ったものではないです」と村田が説明すると、「こっちの方がありがたい! 使っているものだったら、汗がべしょべしょやんか!」と、さんまらしく笑いを交えて喜びを表現。しかし、サインが入っていないと聞いたさんまは「入れてよ! 何してんの、お前?」と態度を一変させ、世界チャンピオンに強めにおねだりする場面も。

 26歳で出場したロンドンオリンピックで金メダルを獲得。31歳で世界チャンピオンとなった村田。今後の活動について問われると「そんなに衰えは感じていない」と言いつつも、自身の選手人生について言及する。

 さんまとは初めての対面だった村田。収録を終えて感想を聞くと「明石家さんまさんと柔道の野村忠宏さんは、僕の中で“奈良県の2大スター”だと思っているので、奈良県民として、お会いできてお話しできて非常に光栄でした」と笑顔。印象については「テレビで見る通りの方で、テレビで見ても憧れるし、実際にお会いしても憧れる方でした」と、同郷のスターを絶賛した。

 収録では、奈良県出身同士のさんまと村田の地元トークに花が咲いた。村田は、ある真相を確かめたかったと、さんまに“小学生時代の担任”について質問。さんまがある人物の名前を挙げると、「遠いんですけど、親戚らしいんです」と、衝撃的な告白が飛び出す場面も。さんまもその先生のことをよく覚えており、「なぜか名門中学を受験させられた」という思い出を披露。村田は「(親戚が)かなり自慢していたので、事実で良かった!」と胸をなで下ろしていた。

 2018年の『新春大売り出し!さんまのまんま』には、メジャーリーグ・ニューヨークヤンキースで活躍する田中将大、ママになった福原愛松坂桃李&番組初登場となる沢尻エリカといったゲストが続々登場。今田耕司がオススメの芸人を紹介する恒例のコーナーも健在だ。



関連写真

  • 2018年1月2日放送、カンテレ・フジテレビ系お正月特番『新春大売り出し!さんまのまんま』にボクシング WBAミドル級世界チャンピオン・村田諒太が出演(C)カンテレ
  • 奈良県出身同士のさんまと村田は地元トークに花を咲かせる(C)カンテレ
  • さんまへのお土産のトランクス(10月のミドル級タイトル戦のスペア)にサインを入れる村田(右)(C)カンテレ
  • 2018年1月2日放送、カンテレ・フジテレビ系お正月特番『新春大売り出し!さんまのまんま』にボクシング WBAミドル級世界チャンピオン・村田諒太が出演(C)カンテレ

オリコントピックス