アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 入江甚儀ら、出演舞台が再演決定 再び特攻部隊役に挑戦【コメント全文掲載】

入江甚儀ら、出演舞台が再演決定 再び特攻部隊役に挑戦【コメント全文掲載】

 今年8月に上演された舞台『大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜』が、来年8月に再演されることが25日、わかった。実力派若手俳優、入江甚儀、市川知宏、上杉柊平、瀬戸利樹が、終戦前の特攻部隊に志願していく四兄弟を演じる。東京・新宿のシアターサンモールで来年8月3日から7日まで上演。

【写真】その他の写真を見る


 物語は戦時中に日々訓練に励む不動月、空、大地、草太の四兄弟が主役。戦時下にも関わらず、月は笑いに、空は夢に、大地は恋に生き、草太はそんな兄たちを心から慕う毎日で彼らの周りには笑いの絶えない「奇跡のような時間」が流れていた。しかし、ついに四兄弟にも出撃の命令が下る。それぞれの夢について語り合い、明日が来るのを待っていたのだが…、というあらすじ。戦争を知らない世代へ、これからの日本を生きていく上で大切なことを伝えていく、ハートフルな人間ドラマとなっている。

■出演者のコメントは以下の通り。

入江甚儀
“あの夏”を経験し更にまた“夏”を体感しに参る事になりました。同じ作品の中で繰り返し役を生きる事にどんな感情が湧き上がって来るのか、未知でしかありません。
過去に生きた兄弟たちがフラッシュバックすることもあるでしょうし、重ね合わせることもあるでしょう、そして、そうはいかない場合もあると思います。
きっと新たな不動四兄弟を皆様にお届けする事が出来るのではないでしょうか。正直、前回みんなでやり遂げたと実感してしまったのですが、きっとこれは使命なのだと思います。
僕にしか伝えられないこと、新たな兄弟でしか伝えられないことがそこにあるから。自分を信じてみんなを信じて戦争をお届けします。知っているからこその責任感は強いです。“託された想い”ですね。是非、いらして下さい!

市川知宏
前回も出演させて頂いた舞台に、再び出演させて頂けることを光栄に思うと同時に、とても身が引き締まる思いです。
改めて、この作品を通して、一人でも多くのお客様に「戦争」について再考して頂いたり、興味を持って頂けるよう、真摯に演じたいです。
前回築いたものも一度壊し、さらに進化出来るように新鮮な気持ちで、また一から皆さんと作品を創りあげていきたいと思います。皆様、是非劇場にお越し下さいませ。

上杉柊平
戦争、という平成に生まれた僕にはどこか現実から遠い、悲惨な実話をこの時代に伝える一役を担うことが出来て誇りに思います。魂込めて演じます。待ってます。

瀬戸利樹
前回、同舞台を観劇させていただいたのですが、作品に込められた想いが、僕の心に突き刺さりました。自分の知らない世界や想像もできないことが沢山あったんだろうなと思いました。
僕自身もそうですが、戦争についてより知って頂くきっかけになるよう、全力でぶつかっていきたいと思います。



関連写真

  • 入江甚儀
  • 市川知宏
  • 瀬戸利樹
  • 上杉柊平
タグ

オリコントピックス