• ホーム
  • 芸能
  • お笑いコンビ・カナリアが来年3月に解散「漫才性の違いが生じて…」

お笑いコンビ・カナリアが来年3月に解散「漫才性の違いが生じて…」

 お笑いコンビ・カナリアが、来年3月に解散することを16日に更新したブログで発表した。カナリアは安達健太郎(38)とボン溝黒(38)が2003年8月に結成。10年の『M-1 グランプリ』で決勝進出(9組中9位)を果たした。

 この日「皆さまへご報告」のエントリーで、ボン溝黒は「突然の発表で本当に申し訳ありません。安達くんと2人で話し合い。解散する道を選びました」と報告。これまでの思い出を振り返りつつ「いつからか、2人の漫才性の違いが生じて。擦り合わす事が出来ず。ボンの中でこれ以上負けたくない。という想いが募り」と解散に至る経緯を説明した。

 安達も「数ヶ月前、相方のボン溝黒から、『コンビを解散して、この先はピン芸人として頑張りたい。』と言われました。後日、改めて2人で話し合った結果、解散を決めました」とつづり「これからは、僕1人でお笑いを続けていきます。今までありがとうございました」とファンに感謝。最後は「これからも、安達健太郎、ボン溝黒をどうぞよろしくお願い致します」と呼びかけている。



オリコントピックス