• ホーム
  • 映画
  • 大泉洋、続編決定で「一生、BARにいます」宣言 相棒の松田は「持ち帰らせて…」

大泉洋、続編決定で「一生、BARにいます」宣言 相棒の松田は「持ち帰らせて…」

 俳優の大泉洋松田龍平が15日、都内で行われた映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット記念舞台あいさつに登壇。東映の岡田裕介会長に背中を押されるかたちで「一生、BARにいます」と生涯をかけたシリーズにすることを誓った。

【写真】その他の写真を見る


 イベントではサプライズで岡田会長からの手紙が読み上げられた。内容は「こういう映画は続けていって、プログラムピクチャーにしないといけない。『探偵はBARにいる』は、ほとんど唯一の娯楽映画シリーズとして、日本映画の財産にもなっている」と同作へ抱いている思いを、つづった。そして「ここで東映がシリーズ製作に二の足を踏むようじゃあ、映画会社の名がすたる。東映としてはぜひ、作り続ける気構えですので、あとは、大泉さん、松田さん、ご両人次第。『一生、BARにいる』宣言をお待ちしております!」と続編製作を予告した。

 同宣言は大泉の代表番組『水曜どうでしょう』で大泉がディレクターに“言わされた”「一生、どうでしょうをします」のパロディー。今回も会長に促されるかたちで「一生、BARにいます」と宣言した大泉は「もちろん(探偵を)続けます。私は一生、BARにいるし、一生、どうでしょうを続ける人間」ときっぱり。ただ「これ以上、一生続けるものは増やしたくない」と、このノリは最後にすると宣言した。

 一方で、続編の可否は相棒・松田の双肩にかかることに。司会から返答を求められると松田は「一度、持ち帰らせてください」とやんわり拒否。しかし、大泉が「こんなことってあるんですか」と詰め寄り、松田は「(大泉が)過酷なシーンを耐えられるなら」と条件付きで了承。しぶしぶ、GOサインを出した松田に対し、大泉は「当たらないと『続編』と言わない東映と松田だけは信じられない」と不満をぶちまけていた。

 同作は、札幌・ススキノを舞台に、その街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描くシリーズ第3弾。累計動員が200万人を突破し、ひたすらしゃべる大泉と、寡黙な松田で息もぴったり。大泉は「なんか漫才コンビみたい。来年、松田くんとM-1出ようかな」とノリノリ。また、見どころについて大泉は「ジェダイとの戦いかな。結構、ジェダイとか出てくる。僕らが大事にしているのはフォース。私の親父が出ている。ヨーダみたいな父が」と宇宙スケールの映画を引き合いにアピールし、松田を困惑させていた。



関連写真

  • 映画『探偵はBARにいる』続編への思いに温度差?(左から)大泉洋、松田龍平 (C)ORICON NewS inc.
  • 続編製作に向けて松田龍平ににじみ寄る大泉洋 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット記念舞台あいさつに登壇した大泉洋 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット記念舞台あいさつに登壇した松田龍平 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット記念舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス