• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 天海祐希、11年ぶり夫役の佐々木蔵之介とべた褒め合戦「天才に近い」

天海祐希、11年ぶり夫役の佐々木蔵之介とべた褒め合戦「天才に近い」

 女優の天海祐希佐々木蔵之介が2月23日放送予定の読売テレビ開局60年記念ドラマ『天才を育てた女房〜世界が認めた数学者と妻の愛〜』取材会に出席した。実在の天才数学者・岡潔(おか・きよし)夫妻の人生を描く同作で11年ぶりに夫婦役を演じる2人。天海は“身近にいる天才”を聞かれると「最近、蔵ちゃん(佐々木)の舞台を観たんですけど、もうすごい。天才に近い」とべた褒めしてみせた。

【写真】その他の写真を見る


 その後長文メールで佐々木に感想を伝えたという天海は「感動するとその人に一刻もはやく想いを伝えたくなっちゃう。『きょうはありがとう』ってメールを下さったので、ここぞとばかりに感想をバババッとメールに…こんなところがこんなところが(良かった)って」と今まさに舞台を観終えたかのように興奮しきり。そんな天海に佐々木は「本当に自分の想いをストレートに言ってもらって支えになりました」としみじみ。

 「自分のことじゃないことにここまで熱いなんて」と驚く佐々木に天海は「めんどくさいですよね…」とちょっぴりバツが悪そうにしながらも「それを嫌がらずに何年も友達でいてくれてありがたい」と改めて佐々木に感謝を伝えていた。

 大阪生まれの岡潔はフランス留学時代に生涯の研究テーマとなる多変数解析函(関)数論における「ハルトークスの逆問題」と出会い、約15年の歳月をかけて解決。難解すぎる数々の研究成果は、国内でなかなか理解されなかったが、世界的な評価の高まりとともに、日本でも認められるようになる。そして1960年文化勲章を受章。その裏で彼に振り回されながらも愛を貫いた伴侶・みちの目線から波乱万丈のヒューマンストーリーを描く。
 
 そんな岡夫妻さながら、取材会の間でも「天海」「くらちゃん」と呼び合う2人はまるで夫婦のように、親友のように、息ピッタリだ。朝4時半からマイナス2度のなか行われた撮影でも天海について佐々木が「毎日朝はやくてもまず、ハリがある。天海の士気だと思うけどね。このドラマを背負ってるし、みんながついていってましたよ。改めて頼りがいがある」とその座長ぶりを絶賛すれば「恐怖で押さえ込んでるんですよ…うそうそ」と照れ笑いを浮かべる。

 長年で培われた友情があうんの呼吸を生み、劇中では夫婦役としてどう現れるのか、期待が高まる。

関連写真

  • 2月23日放送予定の読売テレビ開局60年記念ドラマ『天才を育てた女房〜世界が認めた数学者と妻の愛〜』取材会に出席した天海祐希と佐々木蔵之介 (C)読売テレビ
  • 2月23日放送予定の読売テレビ開局60年記念ドラマ『天才を育てた女房〜世界が認めた数学者と妻の愛〜』取材会に出席した天海祐希と佐々木蔵之介 (C)読売テレビ

オリコントピックス