• ホーム
  • 芸能
  • 『フラーハウス』初の日本ロケ メイキング写真&エピソードを公開

『フラーハウス』初の日本ロケ メイキング写真&エピソードを公開

 映像配信サービス「Netflix」で配信中のオリジナルドラマ『フラーハウス シーズン3』で、今年8月に日本で撮影された“挙式”シーンを含む「Part2」が、22日より世界同時配信される。東京・紀尾井町のホテルニューオータニ東京の日本庭園で行われた撮影のメイキング写真などが解禁となった。

【写真】その他の写真を見る


 『フルハウス』のその後を描いた同ドラマは、シーズン3の「Part1」として第1話〜第9話「フラーハウス 最高の夏休み」が配信中。タナー家の長女D.J.の元カレ、スティーブと彼女のC.J.が日本で結婚式を挙げることになり、第9話ではいよいよ日本に向かう飛行機に搭乗し、早くも日本でのドタバタを予感させる展開を見せている。

 撮影には、タナー家の長女D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ、次女ステファニー役のジョディ・スウィーティン、D.J.の親友キミー役のアンドリア・バーバーの“3人娘”。

 D.J.の愛息ジャクソン役のマイケル・キャンピオンとマックス役のエライアス・ハーガー、キミーの愛娘ラモーナ役のソニー・ブリンガス。

 さらに、キミーの元夫のフェルナンド役のフアン・パブロ・ディ・パチェ、D.J.の元カレのスティーブ役のスコット・ウェインガー、D.J.の彼氏マット役のジョン・ブラザートン。

 スティーブの彼女C.J.役のヴァージニア・ウィリアムズ、C.J.の1人娘ローズ役のマッケンナ・グレイスのメインキャスト総勢11人が参加。

 撮影が行われた日は、台風一過の都心で37.1℃を記録した猛暑に見舞われたが、キャストたちは、休憩時間でも劇中さながらに笑いが絶えず、まるでキャラクターそのもの。式を挙げる2人は、和装で撮影に臨み、結婚式なのになぜか池に飛び込むシーンもあり、キャストはずぶ濡れの体当たり演技を披露した。

 D.J.役のキャンディスは、「東京に来て、『フラーハウス』を撮影していることに、いまでもびっくりしているわ。私たち全員、東京が大好きよ。天気が少し大変だった。暑さと湿気がすごくて。台風の影響を肌で感じたわ」とコメント。日本で結婚式を挙げるエピソードについては、「ジェシーとベッキーの結婚式も確かに素敵だったわ。でも、個人的にはこの日本での結婚式が一番だと思っている。理由は日本だからというのと、私も式に参列しているから。これまでにも参列はしたけれど、まだ子どもだったし、大人と子どもじゃ全然感じるものが違う」と述懐していた。

 新郎となるスティーブを演じたスコットは「この素晴らしい庭園で本格的な日本の伝統的な結婚式が行われるわけだけど、そこからどんちゃん騒ぎが巻き起こるというのは“今年一番の控えめな表現だ”とだけ言っておこう」と期待をあおるコメント。

 通常、ロサンゼルスのスタジオでは、4台のカメラで撮影しているのに対し、日本では1台のカメラで何度も撮影することに。キミー役のアンドリアは「私は観客がいない中でちゃんと演技できるか不安だわ。私のジョークに全部笑ってくれて持ち上げてくれる人がいないからね」と笑っていた。

 一方、ステファニー役のジョディは「よく冗談で『シチュエーション・コメディーをスタジオの外に持ち出すな』と言うでしょ。四方が壁で守られた防音スタジオの中でのマルチ・カメラでの撮影に慣れてしまっているから。だから日本に来て、全てロケーション撮影で、全てワンカメというのは、もう、照明のセッティングからカメラのセッティング、マイクの装着、何から何まで全然違うわ。でも楽しい。冒険よ」と楽しんでいる様子だった。

 フェルナンド役のフアンも「日本では、言ってしまえば映画のような撮り方をしている。このエピソードに関して言えば、『フラーハウス・ザ・ムービー』のような仕上がりになるんじゃないかな」と話していた。



関連写真

  • 猛暑の中、都内のホテルの日本庭園でロケを敢行したNetflixオリジナルドラマ『フラーハウス シーズン3』Part2、12月22日世界同時ストリーミング配信開始
  • メインキャスト総勢11人が来日し、撮影に参加した
  • 結婚式なのに池にドボン!なんて『フラーハウス』らしいドタバタ劇に期待
  • Netflixオリジナルドラマ『フラーハウス シーズン3』Part2、12月22日世界同時ストリーミング配信開始
  • Netflixオリジナルドラマ『フラーハウス シーズン3』Part2、12月22日世界同時ストリーミング配信開始
  • Netflixオリジナルドラマ『フラーハウス シーズン3』Part2、12月22日世界同時ストリーミング配信開始

オリコントピックス