• ホーム
  • 芸能
  • アキラ100%、24時間マラソン完走 相棒のお盆片手にゴール

アキラ100%、24時間マラソン完走 相棒のお盆片手にゴール

 お笑い芸人のアキラ100%が、来年の元日に放送されるフジテレビ系『いつでもマラソン24時』(深0:40※関東ローカル)の企画として挑戦した、約75キロの24時間マラソンを29日、完走した。一般の方々がスマホなどで撮影したものを投稿してもらい構成する同番組において、11月28日午前9時、埼玉・飯能にあるアキラの母校である駿河台大学からスタート。タイムリミットとなる29日午前9時ちょうどに、最後の難関となったフジテレビの大階段をなんとか登り切り、もちろん着衣の上ではあるが“相棒”のお盆とともにガッツポーズでゴールテープを切った。

 試練の連続となった道中では、沿道に駆けつけた多くのファンのリクエストに応えているうちに2時間ほど予定が遅れ、さらに15キロを超えたあたりで膝に痛みが出るなど、どんどんペースが低下。それでも一般の方々の声援とスタッフの懸命な治療に後押しされなんとか前進し続けた。

 その間、アキラがたくさんの方々とふれあった模様は、すでに多くの方にツイッターや公式サイトへ投稿が集まっている。一般の方のみならず小・中学校の同級生、大学時代のサークルの先輩後輩、劇団員仲間、事務所の後輩芸人、さらには妻までが登場してアキラを後押しするなど、数々のドラマを魅せた。

 アキラは「うれしいことで言うと、今まで知り合いだったけどなかなか会えなかった人たちが会いに来てくれた。相方とか、昔の芝居の仲間とか、バイト先の仲間もそうですし、妻も来てくれたし」と満足げ。一方で「悪いところで言うと、あの代々木上原の歩道橋!マジで腹が立ちました。エレベーターが使えなくて。一回ぬか喜びさせられたから。もともとなきゃないでよかったんだけど。なんで横断歩道ないんだよー!」とリアルな不満も吐露。「階段も急だったし、相当、体力をもっていかれましたね」と波乱万丈の24時間を振り返った。

 元日放送の番組のスタジオMCには山里亮太(南海キャンディーズ)が決定。アキラの勇姿と、声援を送ってくれた方たちとのやりとりはスタジオでピックアップされ、時系列で振り返る。またその場で出会った沿道の人たち一人一人の物語を、追加取材によって明かされたエピソードとともに触れていく。

 アキラは「もう一度走りたい?」の質問には「もうやらない」と笑いつつも「正直99%やりたくないのと、1%だけやってもいいかなっていうのが正直な気持ちです」とほんのわずかに再挑戦への意欲も。「ほんとにね、ダメだと思った24時間。私、ゴールしましたんで。だからみなさんも1人の男の年明けをぜひご覧ください!」と胸を張って呼びかけている。



関連写真

  • 24時間マラソン完走直前のアキラ100% (C)フジテレビ
  • 24時間マラソンスタート直後のアキラ100% (C)フジテレビ

オリコントピックス