• ホーム
  • 芸能
  • 小芝風花、『新・ミナミの帝王』千原ジュニアとにらみ合い「迫力がすごかった」

小芝風花、『新・ミナミの帝王』千原ジュニアとにらみ合い「迫力がすごかった」

カンテレ制作、お笑いタレント・千原ジュニア主演のドラマシリーズ『新・ミナミの帝王』の新作2本が年明け早々に放送される(関西ローカル)。1月6日に第14作「得する離婚、損する離婚」、翌週13日に第15作「ニンベンの女」。第15作に出演する女優の小芝風花が28日、大阪市内で取材に応じ、ジュニアと共演した感想などを語った。

同ドラマは、『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載中の天王寺大氏の漫...

この記事の画像

  • 2018年1月13日放送、第15作『新・ミナミの帝王〜ニンベンの女〜』に出演する小芝風花(C)カンテレ
  • 取材会の様子(C)カンテレ
  • 前週1月6日には第14作『新・ミナミの帝王〜得する離婚、損する離婚〜』を放送(小芝の出演はなし)(C)カンテレ
  • 2018年1月13日放送、第15作『新・ミナミの帝王〜ニンベンの女〜』に出演する小芝風花(C)カンテレ
  • 2018年1月13日放送、第15作『新・ミナミの帝王〜ニンベンの女〜』に出演する小芝風花(C)カンテレ

オリコントピックス