• ホーム
  • 芸能
  • 『トットちゃん!』自己最高7.4% NHK専属女優として歩み出す

『トットちゃん!』自己最高7.4% NHK専属女優として歩み出す

 勤労感謝の日の23日に放送されたテレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(月〜金 後0:30〜0:50)第39話の番組平均視聴率が、自己最高の7.4%を記録したことがわかった。最高視聴率は午後0時42分の8.4%だった。

 21日放送の第37話で、ヒロイン・徹子(清野菜名)がNHK専属テレビ女優に合格。22日放送の第38話から、徹子の女優としての新たな挑戦の日々がはじまったところで、この回はディーン・フジオカが、講師の河毛博役で1シーンのみ登場。

 祝日の放送となった第39話は、個性的すぎる演技にあきれられ、番組を降板させられてしまってばかりで、落ち込んでいた徹子が、劇作家・飯沢匡(高橋克典)が脚本を手掛ける大型ラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』のオーディションを受け、見事トン坊役に選ばれるエピソードが描かれた。

 きょう24日の第40話には、近藤真彦が演じる森繁久彌山崎樹範が演じる渥美清、真瀬樹里が演じる野際陽子、浅野ゆう子が演じる沢村貞子が初登場する。



オリコントピックス