• ホーム
  • 芸能
  • 気象予報士の木原実氏、頚椎損傷で手術していた リハビリに励み「またそらジローと…」

気象予報士の木原実氏、頚椎損傷で手術していた リハビリに励み「またそらジローと…」

 気象予報士の木原実氏(57)が24日、自身のブログを更新。10月末に自身の不注意で大けがを負い、頚椎損傷という診断を受け、手術していたことを報告した。

 先月30日の放送からお天気コーナーを務める日本テレビ系『news every.』(月〜金 後3:50)を欠席していた木原氏。久々に更新したブログで「こんにちは! 木原実です。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、わたくし木原実は10月の末に自分の不注意でケガをしてしまいました」と報告。

 「これが、かなりの大ケガで頚椎損傷という診断でした」と明かし「手術の甲斐あって今では病院内を歩き回り、リハビリに励んでいます。まだ手が十分に動きませんが、リハビリのおかげで徐々に回復し、こうしてパソコンのキーも打てるようになりました」とつづった。

 「職場に戻るにはまだ時間がかかりそうですが、またそらジローと天気予報が伝えられるよう精一杯リハビリに励みます」と記し「みなさまにはご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした。頑張ります!」とメッセージしている。

 10月30日の放送では番組冒頭、同局の藤井貴彦アナウンサー(45)が、木原氏がけがしたことを伝え「しばらくの間、お休みだということです」と報告していた。



オリコントピックス