• ホーム
  • 芸能
  • お笑いコンビ・えんにちが年内で解散 望月リョーマは芸人引退

お笑いコンビ・えんにちが年内で解散 望月リョーマは芸人引退

 お笑いコンビ・えんにちが、12月31日をもって解散することを23日、発表した。同日に大宮ラクーンよしもと劇場で開催されるライブがラストステージとなる。

 解散後は、アイパー滝沢はピン芸人としての活動を続けていき、望月リョーマは1月7日(日)に大宮で行われる望月リョーマ大宮卒業公演『ラストドラゴン〜あと100分〜』をもって芸人を引退する。

 えんにちはNSC東京校9期生の2人で2005年に結成。

2人のコメントは以下の通り。
▼アイパー滝沢
今までえんにちを応援してきて下さったファンの皆様、仕事でお世話になった先輩後輩の方々、劇場スタッフの皆様、そして、えんにちに関わって頂いたすべての皆様に本当に感謝いたします。11年間、えんにちとして楽しく漫才やらせてもらいました。
これからはピン芸人としてやっていきたいと思ってますので、引き続き応援の程宜しくお願い致します!
ホゥ。

▼望月リョーマ
急な解散の報告になり大変申し訳ありません。
僕は芸人を引退することにしましたが、漫才に関われた14年間を誇りに思っています。そして、アイパーさんの横に立てた11年間をすごく大切に思っています。
今まで、えんにちの漫才を通して関わっていただいた全ての皆様、本当にありがとうございました。
残り少ない期間ですが、えんにちの漫才で笑いに劇場に来てください!!大宮で待ってます!!



オリコントピックス