• ホーム
  • 芸能
  • ロバート秋山「天才子役・みち君」として登場するも…膝が悲鳴

ロバート秋山「天才子役・みち君」として登場するも…膝が悲鳴

 お笑いトリオ・ロバート秋山竜次が23日、都内で行われた『祝20しゅーねん!たまごっち』CM発表会に出席。憑依芸人として名高い秋山が、“天才子役 上杉みち君”で登場した。

 「劇団えんきんほう所属の天才子役・6歳のみち君」という設定で、同商品の新CMでも遠近法を生かした演出で画面上では“大きい小学生”を演じた秋山。「ボクを撮る側が大変!でもちゃんと子どもとして出られた!」とCMさながらの子どもっぽい喋り方で、しっかりと大人な感想を述べ、撮影時を振り返った。しかし、同イベントでは、終始ヒザをついた状態で、背を低く見せていたため、「(体重が)95キロあるんだよ。床に毛布が欲しい」とおどけながら、膝への負担を訴えて笑いを誘っていた。

 全世界で累計4000万個を販売し、大ヒット商品となった「たまごっち」が発売20周年を迎え、今回、初代たまごっちの完全復刻版として、「祝20しゅーねん! たまごっち」として販売されることになった。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス