• ホーム
  • 芸能
  • 中井貴一、テレビ東京ドラマ初出演 波瑠と満島真之介が新郎新婦に

中井貴一、テレビ東京ドラマ初出演 波瑠と満島真之介が新郎新婦に

 俳優の中井貴一が、テレビ東京系新春ドラマスペシャル『娘の結婚』(2018年1月8日 後8:00)の主演として、同局のドラマに初出演することがわかった。内容は、王道のホームドラマ。中井は「脚本、監督、役者の技量が問われる。故にやり甲斐がある。お正月に普遍的なホームドラマをやるということに意義があると感じました」とオファーを快諾。同局に勤める友人に「『中井は一生テレビ東京には出ないよな』と言われていたのですが、彼もいよいよ定年という時期に、今回出演できて良かったです」と話していた。

【写真】その他の写真を見る


 ベストセラー『東京バンドワゴン』シリーズで知られる小路幸也氏の同名小説(祥伝社文庫)をドラマ化。男手一つで育てた娘を波瑠、娘の婚約者を満島真之介が演じる。ほかに、光石研奥貫薫キムラ緑子段田安則原田美枝子が出演する。

 國枝孝彦(中井)は娘の実希(波瑠)と2人暮らし。妻・佳実(奥貫)亡きあと男手ひとつで娘を育ててきた。そんな娘に変化が訪れる。「会ってほしい人がいるの」。紹介したい男性がいるという。しかし、孝彦はある理由のせいで、会う決心がつかないでいた。

 相手の男性はかつて住んでいたマンションの隣人、古市敏之(光石)、景子(キムラ)の息子で幼なじみの真(満島)だった。問題は、景子がトラブルメーカーらしいこと。その事実を引っ越すまで知らなかった孝彦は、佳実と景子の間にも確執があったのではないかと不安になる。このことを娘にどう伝えるべきか? 思い悩む中、孝彦は大学時代の恋人・片岡綾乃(原田)と偶然再会。話をするうちに綾乃と景子の意外なつながりが発覚する。娘の門出のために、悩み、葛藤し、奔走する父がたどりついた真実とは…。

 波瑠は「娘をもつ父の目線だけでなく、かつて父に送り出された娘や、娘をおくりだす父を側で見ている母など、いろいろな目線で楽しめる作品なので、お正月のあったかいお部屋でご家族で見ていただきたいと思います」と、視聴者にメッセージを送っていた。



関連写真

  • テレビ東京系新春ドラマスペシャル『娘の結婚』(2018年1月8日放送)(左から)満島真之介、中井貴一、波瑠(C)テレビ東京
  • テレビ東京系新春ドラマスペシャル『娘の結婚』(2018年1月8日放送)父親役の中井貴一(C)テレビ東京
  • テレビ東京系新春ドラマスペシャル『娘の結婚』(2018年1月8日放送)娘役の波瑠 (C)テレビ東京
  • テレビ東京系新春ドラマスペシャル『娘の結婚』(2018年1月8日放送)娘の婚約者役の満島真之介(C)テレビ東京

オリコントピックス