• ホーム
  • 芸能
  • 篠原涼子“市議”がSNSで炎上? 『民衆の敵』第5話予告

篠原涼子“市議”がSNSで炎上? 『民衆の敵』第5話予告

 女優の篠原涼子が主演する20日放送のフジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(毎週月曜 後9:00)第5話予告カットが到着した。 篠原演じるママさん新人市議の佐藤智子が学歴も資格もないなか、持ち前の正義感で「おかしくないですか?」と声をあげて、市政や社会にはびこる悪をぶった切っていく痛快な市政エンターテインメントを描く同ドラマ。今回、智子はSNSへのある書き込みが不評の嵐を呼んでしまい、新たなピンチに見舞われる。

【写真】その他の写真を見る


 第5話では智子は息子・駿平(鳥越壮真)の遠足に参加できなかったことから、同じく新人議員の藤堂誠(高橋一生)から教えられた言葉「ワーク・ライフ・バランス」を保とうとSNSに長期休暇を取ると書き込む。しかしこれが炎上して落ち込むと、夫・公平(田中圭)から議員としてろくな活動もしていないのに当たり前、SNSへは市議として何をしたかを書いた方がいいと促される。

 そんななか、智子のもとに一通の告発文が届く。手紙は市議会に汚職議員がいるというものだった。周囲の新人議員は関わりたくない様子で、ランチを一緒にしたママ友で新聞記者の和美(石田ゆり子)にも聞いてみるが、和美からはヘタにつついたら、智子たちにも火の粉が降りかかるので慎重に扱うように忠告される。そしてSNSの一件で落ち込む智子は汚職まみれの議員がいるとの告発を調べると書き込んで…。



関連写真

  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第5話より高橋一生と篠原涼子 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第5話 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第5話 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第5話 (C)フジテレビ

オリコントピックス