• ホーム
  • 芸能
  • AAA・宇野実彩子、ウエートレス役で“月9”デビュー「気分もアガってしまって」

AAA・宇野実彩子、ウエートレス役で“月9”デビュー「気分もアガってしまって」

 人気グループ・AAA宇野実彩子が13日放送のフジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(毎週月曜 後9:00)の第4話で“月9”デビューを飾ることがわかった。グループとして主題歌「LIFE」も担当している宇野が演じるのは、新人市議会議員の岡本遼(千葉雄大)がかつて育った商店街のおばさんたちが、時間つぶしで通っているファミレスのウエートレス。「久しぶりのお芝居と、初めての月9の現場に緊張しましたが、とてもエネルギーのある現場の空気感にしっかりサポートしていただきました。普段着ることのないウエートレスの自分の制服姿に気分もアガってしまって楽しんで演じることができました」と満足げに撮影を振り返った。

 同ドラマでは主演の篠原涼子演じる新人市議会議員・佐藤智子が、世にはびこる社会問題や、腐った政治をぶった斬っていく市政エンターテインメント。これまでにもゲストの“贅沢(ぜいたく)使い”が話題となっており、第1話では、智子と同じ職場で働くテレアポ役に桐谷美玲、会社で一人残業中に世の中への不満を口にするサラリーマン役に成田凌。第2話には、智子に悩みを打ち明ける主婦役で水川あさみ、美を追求する美魔女役でシルク(姉さん)など多彩な面々が登場してきた。

 昔から“ドラマっ子”だったという宇野は「“月9”は毎クールとても楽しみにしています。なので、夢の月9デビューです!」と大興奮。「このドラマの力になれることを願って、みんなで大切に主題歌『LIFE』を作りましたので、さらに何か盛り上げる力の一つになれたらと思いました」と出演を快諾した。現場では千葉や前田敦子らとの共演シーンに臨んだが「ご一緒した時間は短かったのですが、前田さんのかわいらしさと、凛とした落ち着きに同性ながらうっとりしました。千葉さんの甘いマスクと、ときに男らしいそぶりのギャップに、勝手ながら私の緊張を癒していただきました」とすっかり楽しんだようだ。

 最後には視聴者に向け、「篠原さんをはじめ、素晴らしいキャストとスタッフのみなさんが作り出す生活に夢中になって、いろんな感情や出来事にうなずいたりして、毎週月曜夜9時がみんなで待ち遠しい習慣になったらうれしいです。そして『LIFE』を口ずさみながら視聴者のみなさんの日常も一緒に楽しくなったらいいなと思います。私の出演シーンも見逃さないでくださいね」と呼びかけていた。



オリコントピックス