• ホーム
  • 音楽
  • リトグリ、『陸王』撮影現場で生歌エール

リトグリ、『陸王』撮影現場で生歌エール

 5人組ボーカルグループ・Little Glee Monsterが、劇中歌を担当しているTBS系連続ドラマ『陸王』(毎週日曜 後9:00)の撮影現場を訪れた。主演の役所広司をはじめ、山崎賢人竹内涼真寺尾聰らキャストを前に「Jupiter」「Seasons Of Love」の2曲を熱唱。美しいハーモニーに盛大な拍手が送られた。

 5日放送の第3話で過去最高の平均視聴率15.0%(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)をマークした『陸王』は、数々のヒット作を生み出している人気作家・池井戸潤氏の最新作が原作。創業100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長の宮沢紘一を役所、その息子・大地を山崎、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人を竹内涼真が演じる。

 プロデューサーの伊與田英徳氏は今春、リトグリのライブを訪れた。その歌声に心を動かされ、今回の劇中歌起用につながった。第1話で宮沢(役所)の心情を表現するシーンでリトグリが歌う劇中歌「Jupiter」が流れると、SNSでその話題が拡散された。

 第3話までの放送でリトグリが歌う劇中歌として流れたのは「Jupiter」のみだが、今後はシーンによって、流れる曲が変わるという。リトグリの力強くも繊細な歌声がどのようなシーンで流れるのか注目される。

 なお、19日放送の第5話では、ニューイヤー駅伝のシーンが登場することも明らかに。実際のコースでもある群馬県で撮影され、約7000人のエキストラが参加した迫真の駅伝シーンとなっている。大会以外のシーンでも数多くのエキストラが参加しており、これまでのエキストラ参加数はのべ4万人にのぼる。



関連写真

  • TBS系日曜劇場『陸王』撮影現場で劇中歌「Jupiter」を披露したLittle Glee Monster(C)TBS
  • (左から)Little Glee Monster(5人)、役所広司、山崎賢人、竹内涼真、佐野岳、石井貴就、寺尾聰、市川右團次、光石研(C)TBS
  • 群馬県庁前で行われたニューイヤー駅伝シーンには約7000人のエキストラが参加した(C)TBS

オリコントピックス