• ホーム
  • 映画
  • 間宮祥太朗、初主演映画が封切り間近「感慨深いものがある」

間宮祥太朗、初主演映画が封切り間近「感慨深いものがある」

 俳優の間宮祥太朗が9日、都内で行われた映画『全員死刑』の公開直前イベントに出席。今作で映画初主演を飾り「本当に映画が好きという思いで、この仕事を始めた。自分でも感慨深いものがある」と心境を語った。

【写真】その他の写真を見る


 2004年に福岡・大牟田で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った「大牟田 4人殺害事件」。自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに、26歳の新鋭・小林勇貴監督が、『冷たい熱帯魚』(11年)、『凶悪』(13年)の製作陣と共に映画化した。18日公開。

 念願の映画初主演だが、実際の事件が題材とあって「お話頂いた時は、内容を聞いて悩みました。この映画を受けるべきか、一人で考えて家で持ち帰って考えましたね」と告白。それでも小林監督の作品に掛ける思いなどを知り、撮影に没頭した。封切りを直前に控え、観客から祝福の花束がサプライズでプレゼントされると「本当にありがとうございます」と笑顔を浮かべていた。



関連写真

  • 初主演映画『全員死刑』の公開直前イベントに出席した間宮祥太朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 作品への思いを語る間宮祥太朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 初主演映画『全員死刑』の公開直前イベントに出席した間宮祥太朗 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス