• ホーム
  • 芸能
  • 松田聖子、ケガからの回復アピール 斎藤工のサポートに感謝「よくしてくれた」

松田聖子、ケガからの回復アピール 斎藤工のサポートに感謝「よくしてくれた」

 歌手の松田聖子が27日、都内で開催中の『第30回東京国際映画祭』内で行われた映画『ラーメン・テー』完成報告会に出席。7月8日、9日に行われた日本武道館公演の数日前に転倒し腰や背中を負傷したと一部で伝えられていたが、この日は足取りも軽くさっそうと登壇。報道陣から「ケガの方は大丈夫ですか?」と気遣われると「ありがとうございます!」と笑顔で回復をアピールした。

【写真】その他の写真を見る


 シンガポール、日本、フランスの共同制作による同作は、シンガポールと日本の両国間を交錯する家族愛を描いた物語。それぞれのソウルフードである「バクテー」と「ラーメン」をめぐって両国をまたいで繰り広げられるヒューマンストーリーとなっている。

 初共演となった斎藤工の印象を聞かれると「本当にお人柄がすばらしい。誰でも親切でやさしくて心の温かい方だと思いました」と絶賛。「(撮影中は)ケガをしていたのですが、いろいろと助けていただいて、本当によくしてくださりました。とても感謝しております」と思いを伝えていた。

 また、今年5月に娘の神田沙也加が俳優の村田充との結婚を発表して以来、初のイベントとなったことを受け、報道陣から「聖子さん、娘の沙也加さんについて…」コメントを求められるも、笑顔ながらも無言のままその場を立ち去った。

 報告会にはそのほか、エリック・クー監督、斎藤工、マーク・リー、ジネット・アウ、別所哲也も出席した。



関連写真

  • 映画『ラーメン・テー』完成報告会に出席した松田聖子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ラーメン・テー』完成報告会に出席した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ラーメン・テー』完成報告会に出席した(左から)斎藤工、松田聖子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ラーメン・テー』完成報告会に出席した松田聖子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ラーメン・テー』完成報告会に出席した(左から)エリック・クー監督、マーク・リー、ジネット・アウ、斎藤工、松田聖子、別所哲也 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス