• ホーム
  • 映画
  • 橋本環奈、東京国際映画祭アンバサダーに就任

橋本環奈、東京国際映画祭アンバサダーに就任

 女優の橋本環奈が、25日より東京・六本木ヒルズほかで開催される『第30回東京国際映画祭』(〜11月3日)のアンバサダーに就任した。

 初日のレッド・カーペットやオープニングセレモニーに参加し、若い世代に映画の魅力を伝えていく大使として、また、今年は30回の記念開催の大きなビジョンの一つ「映画の未来の開拓」に向けた取り組みをアピールする予定だ。

 橋本は、小学3年生より芸能活動を開始。地元・福岡を拠点とするアイドルグループに所属していた2013年に、ファンがインターネットに投稿した写真がきっかけで注目を集める。是枝裕和監督『奇跡』(11年)で映画デビュー。昨年公開された映画『セーラ服と機関銃 −卒業−』で初主演を務め、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。今年の邦画興行収入1位(現時点)の映画『銀魂』のヒロイン・神楽役、映画『斉木楠雄のΨ難』(21日公開)でもヒロイン・照橋心美役を演じるなど、活躍の場を広げている。



オリコントピックス