• ホーム
  • 映画
  • ハリソン・フォード、同じ役を演じる理由 俳優として「興味深い」

ハリソン・フォード、同じ役を演じる理由 俳優として「興味深い」

 米俳優のハリソン・フォード(75)が23日、都内で行われた映画『ブレードランナー 2049(ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)』(27日公開)の記者会見に出席。『スター・ウォーズ』シリーズのハン・ソロ、『インディー・ジョーンズ』のインディー博士など、長い時間を経て人気キャラクターを演じることが多いハリソン。今回も35年ぶりに“ブレードランナー”のデッカードを再び演じた理由を聞かれると、映画ファンの気持ちを思いやり「期待に応えて同じ役をもう一度演じたい」と話した。

【写真】その他の写真を見る


 質問を受けたハリソンは「(同じ役を)やっちゃいけないんですか?」と笑い、「自分が何回もやる映画は大きな観客を抱えていて、ファンの多い映画。楽しみに待っている人がいっぱいいるので、その期待に応えて同じ役をもう一度演じたい」と説明。さらに、「俳優としても、自分自身ハン・ソロが30年後どうなっているか、デッカードが35年後どうなっているか、周りにどう影響を与えて人生をどう生きてきたかということは、非常に興味深いこと」と語った。

 同作は、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。会見にはドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、共演のアナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークスが出席した。

 映画のプロモーションで来日したのは9年ぶりというハリソンは、集まった記者らに感謝を伝えた後、「台風も去ってくれてありがとう」とジョーク。「最初の『ブレードランナー』は日本での反響が大きかったことを幸せに思っていました。続編も日本の皆さんにまた楽しんでもらえたらと思っています」と呼びかけた。



関連写真

  • 同じ役を演じる理由を語ったハリソン・フォード (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)アナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、シルヴィア・フークス (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブレードランナー 2049』の記者会見に出席したハリソン・フォード (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブレードランナー 2049』の記者会見に出席したハリソン・フォード (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブレードランナー 2049』の記者会見に出席したアナ・デ・アルマス (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブレードランナー 2049』の記者会見に出席したシルヴィア・フークス (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブレードランナー 2049』の記者会見に出席したドゥニ・ヴィルヌーヴ監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス