• ホーム
  • 芸能
  • 押切もえ、本人役で『監獄のお姫さま』出演 常識はずれな“ジェイルウェア”考案

押切もえ、本人役で『監獄のお姫さま』出演 常識はずれな“ジェイルウェア”考案

 モデルの押切もえが、24日放送のTBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』(毎週火曜 後10:00)第2話に出演することが、わかった。押切は舞台となる女子刑務所のなかで馬場カヨ(小泉今日子)、江戸川しのぶ(夏帆)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)、勝田千夏(菅野美穂)らが着用する作業服“ジェイルウェア”をデザインする本人役で登場。アクティブで斬新なそのデザインと女優陣の着こなしぶりに注目だ。

【写真】その他の写真を見る


 人気脚本家・宮藤官九郎が手がける同ドラマは「人間が普通に生まれて、普通に暮らして、普通に死んでいく」、これがいかに平凡で、儚くて、幸せなことであるかを、笑って泣ける人間ドラマとして描く、“おばさん犯罪エンターテインメント”。第2話ではテレビウケを狙った“意識高い系”の刑務所を目指し、次々と奇策を導入する所長・護摩(池田成志)は、押切がデザインするアクティブで斬新な“ジェイルウェア”(作業服)を所内に取り入れる。

 押切は「ドラマや映画、舞台など以前からいろんな作品を毎回楽しませていただいている宮藤官九郎さんの作品で、さらに憧れの小泉今日子さんが主演される『監獄のお姫さま』に少しでも携わることができて、とてもうれしいです。ドラマで皆さんが着ている、『モデル・押切もえ』がプロデュースしたちょっと常識外れのジェイルファッションをぜひチェックしてくださいね!」とアピールしている。

 第2話では2011年秋に遡る。夫を殺そうとした殺人未遂事件で、主人公・馬場カヨ(小泉)は5年の実刑判決を受け女子刑務所に収監された。入所してすぐに、最も厳しい刑務官・若井ふたば(満島ひかり)から人定質問を受けたカヨは、ふたばの威圧感に負けそうになる。この日から、カヨは刑務所内では“69番”としか呼ばれなくなる。『自立と再生の女子刑務所』に収監されたカヨは、新人寮で室内作業に従事。その後、新人寮から雑居房に移り、24番・足立明美(森下)、31番・大門洋子(坂井)、56番・小島悠里(猫背椿)、106番・タイ人のリン(エステファニー・エイ)と同房になり、洋裁工場に配属される。



関連写真

  • 24日放送のTBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』(毎週火曜 後10:00)第2話に出演する押切もえ (C)TBS
  • 24日放送のTBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』(毎週火曜 後10:00)第2話に出演する押切もえ (C)TBS
  • 24日放送のTBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』(毎週火曜 後10:00)第2話に出演する小泉今日子 (C)TBS

オリコントピックス