• ホーム
  • 映画
  • 太賀、中二感満載のバンド活動を回顧「何をやっているのか…」

太賀、中二感満載のバンド活動を回顧「何をやっているのか…」

 俳優の太賀が17日、都内で行われた映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開直前イベントに出席。作品の内容にちなみ「青春時代の思い出」について聞かれると「中学生くらいの頃からバンドをやっていたんですけど、結成してはすぐに解散するのを繰り返していました」と苦笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 バンド名も“中二感”あふれるものばかりだったといい「最初が『モスキートノイズ』で、1ヶ月で解散して、その後が『ヌードトランプ』『ゴールドアンダーヘアーズ』っていう下ネタの流れが続いた。そして、最終的には『森羅万象』ってなぜか漢字のバンド名でした」と恥ずかしそうに告白。「邦楽も洋楽もカバーしていたんですけど、みんなヘタクソすぎて何をやっているのかわからなかった」と淡い青春時代を振り返っていた。

 同作は、早見和真氏の同名小説を新進気鋭の映画監督・廣原暁監督が映画化。将来に希望を見出だせないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生たちの行くあてもない“高校最後の旅”を描いた青春ロードムービーとなっている。

 イベントにはそのほか、中村蒼矢本悠馬東京03角田晃広、ロックバンドの忘れらんねえよ、廣原監督も出席。同作は、28日より公開される。



関連写真

  • 中二感満載のバンド活動を回顧した太賀 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開直前イベントに出席した(左から)角田晃広、忘れらんねえよ、太賀、中村蒼、矢本悠馬、廣原暁監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開直前イベントに出席した中村蒼 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開直前イベントに出席した矢本悠馬 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開直前イベントに出席した忘れらんねえよ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開直前イベントに出席した角田晃広 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス