• ホーム
  • 芸能
  • 役所広司主演『陸王』は初回14.7%の好発進

役所広司主演『陸王』は初回14.7%の好発進

 俳優・役所広司が主演するTBS系“日曜劇場”枠連続ドラマ『陸王』(毎週日曜 後9:00)第1話が15日に放送され、初回平均視聴率が14.7%だったことが16日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。初回は2時間スペシャルとして放送された。

 同ドラマは人気作家・池井戸潤氏の『陸王』(集英社刊)を実写化。主人公で創業100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる「裸足感覚」を追求したランニングシューズ『陸王』の開発に乗り出す企業再生ストーリー。役所のほか、山崎賢人竹内涼真上白石萌音など旬の若手俳優の出演に加え、故・緒形拳さんの孫である緒形敦のデビュー作となった。

 第1話では年々先細る足袋の需要から資金繰りに悩んだ宮沢が、メインバンクである埼玉中央銀行へ追加融資の相談に訪れる。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業開拓を提案される。あるきっかけでランニングシューズの開発をひらめいた宮沢は早速、坂本から紹介されたスポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)のもとへ。有村は学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンを見に行こうと誘い、宮沢は息子の大地(山ア)とともに豊橋へ向かうという展開だった。



オリコントピックス