• ホーム
  • 芸能
  • ハチミツ二郎、泡盛一気飲みで「曙に勝った」と酔いどれトーク

ハチミツ二郎、泡盛一気飲みで「曙に勝った」と酔いどれトーク

 お笑いコンビ・東京ダイナマイトハチミツ二郎が9日、東京・新橋で行われたニッポン放送ホリデースペシャル『土屋礼央 レオなるど とっとり・おかやま新橋館3周年記念スペシャル』の公開生放送にゲスト出演。ハチミツは酒どころとしても知られる岡山出身だけに酒豪でおなじみ。「お酒が好きすぎて(格闘家の)曙(太郎)さんと(飲み比べで)勝負して勝った。(自分は)泡盛一気飲みで64杯飲んで、曙さんは50杯ぐらい」という酒豪エピソードを明かして、観客を沸かせた。

 同番組は、ミュージシャンの土屋礼央がパーソナリティを務めるラジオ番組のスペシャル企画。会場となった岡山県と鳥取県の共同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」の2F催事スペースには抽選で選ばれた50名の番組ファンが集結。立ち見客も出るほどの盛り上がりで、B’zTHE BLUE HEARTSなど、岡山に縁のあるアーティストの曲が紹介された。

 故郷の岡山についてハチミツは「“晴れの国”とも呼ばれていて、雨が降らなくて気候がいい。『首都を岡山にしよう!』って言っています」とお国自慢に花を咲かせた。岡山ではデニムなど繊維産業が発展しており、「制服の60〜70%を岡山で作っている。『ビー・バップ・ハイスクール』が流行った頃、(作品内に登場するような制服を)東京の中学生が欲しくても買えないのを、岡山では(楽に)買えた」と得意気に語った。

 岡山の地酒が登場すると、ハチミツは一気に飲みほし、「スッと入る」とご満悦。自身の父親も酒好きで「(世間に)出回る前に蔵元から直接、地酒を買っていたぐらい」と根っからの酒好きトークに花を咲かせた。

 一方、鉄道好きの土屋はライブで岡山に行った際のエピソードとして「岡山には路面電車があって、そのガタンゴトンのリズムがすごくよかった」と“鉄道愛”を熱弁していた。



関連写真

  • ラジオ生放送に日本酒を飲みまくるハチミツ二郎
  • 公開生放送として行われた『土屋礼央 レオなるど とっとり・おかやま新橋館3周年記念スペシャル』

オリコントピックス