• ホーム
  • 音楽
  • サンボマスター、14周年記念日に初武道館決定 ショーケンとの共演実現に大感激

サンボマスター、14周年記念日に初武道館決定 ショーケンとの共演実現に大感激

 ロックバンド・サンボマスターが16日、9年ぶりとなる東京・日比谷野外大音楽堂公演を行い、ボーカルの山口隆が敬愛するショーケンこと萩原健一と共演したほか、12月3日に自身初となる東京・日本武道館公演を開催することを発表し、満員の観客を熱狂させた。

【写真】その他の写真を見る


 アンコールでメンバー3人が「祝」と書かれた酒樽の鏡割りを行うと、ステージ後方の幕が振り落とされ、サンボマスター初となる日本武道館公演が発表された。公演日は2003年のメジャー1stアルバム『新しき日本語ロックの道と光』の発売日と同じ12月3日。メジャーデビューから14年の歳月を経て、初の武道館公演を行うサンボマスターは、1stアルバム収録曲「夜汽車でやってきたアイツ」を披露し、会場は祝福ムードに包まれた。

 その後、山口の呼びかけでタレントの小堺一機がステージに登場。小堺がMCを務めるフジテレビのトークバラエティー番組『かたらふ〜ぼくたちのスタア〜』(毎週土曜 後5:00)で山口が憧れのショーケンと共演したことがきっかけで萩原も登場すると、自身の楽曲「SHOKEN TRAIN」をサンボマスターと共演。ショーケンとともにギターをかき鳴らした山口にとって、忘れられない一夜となった。



関連写真

  • ショーケンこと萩原健一(中央)がサンボマスターと共演 Photo by 浜野カズシ
  • 初の日本武道館公演決定を発表したサンボマスター Photo by 浜野カズシ
  • サンボマスター日本武道館公演ティザー写真
  • 9年ぶりの日比谷野外大音楽堂公演を行ったサンボマスター Photo by 浜野カズシ
  • 09年ぶりの日比谷野外大音楽堂公演を行ったサンボマスター Photo by 浜野カズシ
  • 9年ぶりの日比谷野外大音楽堂公演を行ったサンボマスター Photo by 浜野カズシ
  • アンコールで鏡割りを行ったサンボマスター Photo by 浜野カズシ
  • 9年ぶりの日比谷野外大音楽堂公演を行ったサンボマスター Photo by 浜野カズシ
  • タレント・小堺一機もゲスト出演 Photo by 浜野カズシ
  • サンボマスター
  • サンボマスターのニューアルバム『YES』(5月10日発売)

オリコントピックス