ドラマ&映画 カテゴリ

長谷川博己主演『小さな巨人』初回視聴率13.7%の好スタート

 俳優・長谷川博己が主演するTBS系連続ドラマ『小さな巨人』(毎週日曜 後9:00)第一話が16日放送され、初回平均視聴率が13.7%だったことが17日わかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 同ドラマは、警視庁捜査一課長を目指す元エリートの所轄刑事・香坂真一郎(長谷川博己)が、挫折を味わいながらも巨大組織のなかで奮闘する警察エンターテインメント。これまでの謎解きを重視した警察ドラマとは一線を画し、リアルな警察内部の人間模様に焦点を当てた意欲作となっている。

 第一話では、警視庁捜査一課に所属し、抜きん出た活躍をみせていた香坂だったが、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と現捜査一課長・小野田(香川照之)との料亭での会食後、中小企業の社長の飲酒運転を疑い取り調べた際、あるミスを犯してしまう。これをきっかけに小野田に裏切られた香坂は、所轄への異動を命じられる。

 香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生。誘拐犯は身代金を要求しており、捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺されてしまい…というストーリー。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索