アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • マツコ&有吉、6年間の“怒り”から解放される 『怒り新党』リニューアル

マツコ&有吉、6年間の“怒り”から解放される 『怒り新党』リニューアル

 テレビ朝日系で6年間放送されてきた『マツコ&有吉の怒り新党』(毎週水曜 後11:15※一部地域では放送時間が異なる)が4月からリニューアルすることが7日、わかった。番組名も『マツコ&有吉 かりそめ天国』に改め、“怒り”に限らず視聴者からのさまざまな「ちょっと聞いてよ」という話に、あーでもないこーでもないと話していく1時間となる。

 2011年4月に『怒り新党』の放送が始まってから6年。視聴者から寄せられた投稿メールをもとに、国民の怒りや愚痴を、ある時は共に怒り、ある時はなだめてきたマツコ・デラックス有吉弘行。ひと通りのことを怒り尽くしてしまった、というのがリニューアルの大きな動機となった。進行役は青山愛アナウンサーから久保田直子アナウンサーにバトンタッチされる。

 これまでの視聴者とのつながりを生かしつつ、2人に聞いてほしいことを視聴者から募集。それを受けてマツコ&有吉が独自の目線で話していく。タイトルに採用された「かりそめ」とは、“ひとときの”“その場限りの”という意味があるという。“怒り”から解放されたマツコ&有吉にとって、新番組は「天国」になるのか?

 『怒り新党』の重要な柱だった「3大〇〇調査会」に変わるような、さまざまな業界に通じる事情通から、マツコ&有吉の耳に入れたい情報が詰まったVTR企画も予定されている。

 藤井智久プロデューサーは「視聴者の皆さんからの共感性の高いお話や事情通からの超ニッチなお話をマツコ&有吉にぶつけた時の2人のお話をお楽しみにいただければ」とコメントを寄せている。



オリコントピックス