アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • ゲーム
  • さらば青春の光とカミナリがコンビ愛対決 『M-1』前哨戦繰り広げる

さらば青春の光とカミナリがコンビ愛対決 『M-1』前哨戦繰り広げる

 『M-1グランプリ 2016』の決勝戦に進出するお笑いコンビのさらば青春の光とカミナリが2日、埼玉県・さいたま市で行われた『巨大コントローラー全国キャラバン』開催記念イベントに登場した。2人は幅2メートルの巨大コントローラーを使いゲーム対戦し、『M-1グランプリ』の前哨戦を繰り広げた。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、幅2メートルの巨大コントローラーと100インチの大型スクリーンが日本全国のゲオグループの店舗をキャラバンするもの。「マリオブラザーズ」や「魔界村」などのゲームをプレイすることができる。

 今回の対戦では、コンビ愛を徹底検証するため1つのコントローラーを相方と2人で協力し合い操作。“ファミコン世代”を豪語するさらば青春の光・森田哲矢は、対戦ゲームの「マリオブラザーズ」も所有しており、自信を覗かせる。しかし、その熱量が相方・東口宜隆との温度差を生み出し、思うような結果を出せずゲームオーバーに終わった。

 一方、カミナリはボケ担当の竹内まなぶが「実家に各ハードが全部あります。それで友達が押し寄せて俺は一切ゲームできないっていう…。おかげで友達は増えました」とどこか切ないエピソードを公開。さらに「ダンスダンスレボリューションしかやったことない」とこぼす2人は巨大コントローラーに翻弄されながらも、見事なコンビネーションで勝利を収めた。

 カミナリ・石田たくみは「コミュニケーションを茨城弁でやったから、そこが勝因」とコンビの持ち味“なまり漫才”をアピールした。前哨戦を黒星で終えたさらば青春の光・東口は「今日負けておいたら『M-1』勝てるかもしれない」と前向きに捉え、『M-1』への意気込みを感じさせた。

 また、優勝賞金の使い道について聞かれると、さらば青春の光の東口は「今は森田の家が事務所なので、オフィスをかまえたい」と現実的な使い道を示唆。個人事務所の社長を務める森田は「結構ヤバめのタレントを抱えているので、なんでもトラブルを解決してくれる顧問弁護士をお願いします」と相方・東口の不倫騒動を匂わせ笑いを誘った。

 一方、カミナリ・竹内は「地元・茨城県鉾田市に銅像を立てるのと、ホクロが多いんで一個とりたい」とお茶目な願望を明かすと、石田が「僕は(相方のホクロ)好きなんですけどね」と返し、ここでもコンビ愛を見せていた。

 『巨大コントローラー全国キャラバン』は12月3日、スーパーセカンドストリート大宮日進店から始まり北は北海道、南は沖縄まで全国各地を回る。また、キャラバン開催を記念し「ニンテンドークラシックミニ」があたるツイッターキャンペーンも12月2日から2017年3月31日まで開催される。



関連写真

  • 巨大コントローラーを使いゲーム対戦したカミナリとさらば青春の光 (左から)竹内まなぶ、石田たくみ、森田哲矢、東口宜隆(C)oricon ME inc.
  • 巨大コントローラーを使いゲーム対戦したカミナリの(左から)竹内まなぶ、石田たくみ (C)oricon ME inc.
  • 巨大コントローラーを使いゲーム対戦したさらば青春の光(左から)森田哲矢、東口宜隆 (C)oricon ME inc.
  • 対決中小競り合いが起こるさらば青春の光 (C)oricon ME inc.
  • 勝利に喜ぶカミナリ (C)oricon ME inc.
  • 巨大コントローラーを使いゲーム対戦したカミナリとさらば青春の光 (C)oricon ME inc.
  • 巨大コントローラーを使いゲーム対戦したカミナリとさらば青春の光 (左から)竹内まなぶ、石田たくみ、株式会社ゲオ・石井暁、森田哲矢、東口宜隆 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス