• ホーム
  • 芸能
  • はんにゃ、仲間割れでも、ネタ切れでもない“解散の危機”をテレビ初告白

はんにゃ、仲間割れでも、ネタ切れでもない“解散の危機”をテレビ初告白

 きょう4日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』2時間スペシャル(4月4日 後8:58〜11:15)で、“自分の実力不足に気付かずに行動して大恥をかかないための授業”を行うお笑いコンビのはんにゃ川島章良金田哲)が、番組内で「一生隠しておこうと考えていた」という衝撃の大事件を初告白していることがわかった。

 それは、2014年に起きた、あわや解散という衝撃の出来事。お笑いコンビにありがちな仲間割れでも、ネタ切れでもない“解散の危機”とは?

 かつて“ずくだんずんぶんぐんゲーム”のネタで大ブレイクした、はんにゃ。当時、「好きなお笑い芸人ランキング」で1位を獲得し、連続ドラマにも出演したが、そのブームは長くは続かなかった。キー局のレギュラー番組はすべて終了、「マジで笑えないお笑い芸人」で1位に選ばれるなど、目も当てられない状況に転落してしまった。

 はんにゃの二人は、自分たちがしくじった原因を「実力不足だったから」と分析。当時の自分たちのお笑いの実力は大学生レベルだったにもかかわらず、たまたま時代のタイミングとかみ合ったために人気者になってしまったのだと語る。実力が伴わないのに売れてしまい、自らそのブームを終了させてしまった経緯を振り返りつつ、フィーバーが去った後、自分たちを待ち受けていた切なすぎる悲劇を打ち明ける。

 このほか、4月4日放送の2時間スペシャルには、松村邦洋が登壇。“自分に甘く東京マラソンで心肺が停止しちゃった先生”として、“自分に甘すぎて死なないための授業”を行う。



オリコントピックス