• ホーム
  • 芸能
  • NHK、“火10”ドラマを“金10”に移設 大人のラブストーリーで再出発

NHK、“火10”ドラマを“金10”に移設 大人のラブストーリーで再出発

 現在、火曜午後10時台は、NHK、TBS系、フジテレビ系の地上波3局で連続ドラマが放送されているが、NHKは4月から「ドラマ10(テン)」と呼んでいるドラマ枠を火曜から金曜午後10時に移設。後に映画化されるに至った「ドラマ10」を代表するヒット作『セカンドバージン』の脚本家・大石静氏が書き下ろすオリジナル作品『コントレート〜罪と恋〜』(4月15日スタート、全8回)で再スタートを図ることになった。

【写真】その他の写真を見る


 新ドラマは、無差別殺人事件で夫を失った孤独な主人公が、運命的に出会った相手と禁断の恋に堕ちていく物語。その相手は、夫を殺した男だった。愛してはいけないと知ってなお、激しく求めてしまう。そんな主人公を想い、その恋をそっと見守るもうひとりの男。人生には、どんなに苦しい時でも、思いがけない出会いが訪れることをドラマとして描いていく。

 出演は、主人公・青木文(あや)役に石田ゆり子。6年前、夫が上京中に無差別殺人事件に巻きこまれ、殺されてしまった後も、夫と始めた海辺のドライブインを女手一つで細々と続けている。事件後に生まれた5歳になる息子がいる。

 文の女心を大きく揺さぶることになる長部瞭司(りょうじ)役に井浦新。6年前はエリート弁護士だった。ほかのトラックドライバーに混じって文の店を訪れ、物憂げな彼女の姿に心を奪われていく。

 また、文と息子を気にかけて足繁く店を訪ねてくる事件に関わった刑事・佐々岡滋役に原田泰造。ほかに、桜庭ななみ堀内敬子野際陽子らが出演する。

 タイトルの「コントレール」は英語で「飛行機雲」のこと。ヒロインにとってはすぐに消えてしまう幸せの象徴であり、男にとっては、人を殺めた時に見た悲劇の象徴。ヒロインが営むドライブイン名にもなっている。



関連写真

  • 4月から金曜午後10時より放送されるドラマ10の新作『コントレート』制作開始。石田ゆり子(中央)、井浦新(左)、原田泰造(右)が出演
  • 4月から金曜午後10時より放送されるドラマ10の新作『コントレート』に主演する石田ゆり子
  • 4月から金曜午後10時より放送されるドラマ10の新作『コントレート』に出演する井浦新
  • 4月から金曜午後10時より放送されるドラマ10の新作『コントレート』に出演する原田泰造
タグ

オリコントピックス