アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 香取慎吾 “結婚できない男”で連ドラ主演 未婚メンバーは「いい資料」

香取慎吾 “結婚できない男”で連ドラ主演 未婚メンバーは「いい資料」

 人気アイドルグループ・SMAPの香取慎吾(38)が、来年1月放送の新ドラマ『家族ノカタチ(仮)』(TBS系)で39歳の結婚できない男を演じることが12日、わかった。香取が演じる主人公は、行動派で多趣味、モテないわけではないが結婚に後ろ向きな“こじらせ男子”だ。香取は「主人公は僕そのもの。僕も結婚できない男」といい、「僕の周りにはいい資料がたくさんいる。中居正広しかり、草なぎ(剛)、稲垣(吾郎)。それぞれのタイプの結婚できない男たちをたくさん身近で見てきましたので(笑)。それぞれの要素を役立てられたら」とリアルな役作りに意気込んでいる。

 同作は、家族と結婚の“かけがえなさ”を描いた笑いあり涙ありのホームコメディー。香取が演じる永里大介(ながさと・だいすけ)は、流行りものに敏感で他人との付き合いもそつなくこなすが、恋愛で傷つくことは嫌う文具メーカーに勤めるアラフォー男子。一人暮らしにも何も不満を感じていないが、ある日突然、父・陽三が訪れ、独身貴族の生活はかき乱されていく。

 父親・陽三を演じるのは、俳優の西田敏行(68)。息子に内緒で再婚し、再婚相手の連れ子と大介の家に転がり込む破天荒な性格の持ち主で、それゆえ大介との衝突も耐えない。西田との共演に香取は「本番のアドリブに何度も殺されかけています。せりふ通りではないぶつかり合いがありそうで、そこにどう対応するかが今から楽しみ」と期待を寄せており、“親子バトル”に見どころの一つとなりそうだ。

 また、ドラマを盛り上げるもう1人の“結婚できない”ヒロイン・熊谷葉菜子(くまがい・はなこ)役に上野樹里(29)が起用された。大手商社に勤務する32歳独身だが、20代前半に離婚を経験している。大介と同じマンションで、似た者同士からかケンカが絶えない。上野とは初共演となるが、香取は「良い意味で“どうなるか分からない”感じ。早くお会いしたいです! カットがかかっているにも関わらず、まだせりふが続いてしまうぐらいに、ぶつかり合いたい」とコメントを寄せている。

 また、葉菜子の母・律子を風吹ジュン(63)演じることも決定。同ドラマはTBS系の「日曜劇場」枠(後9:00)で放送。同枠で香取が主演を務めるのは『MONSTERS』以来、3年ぶりとなる。脚本は後藤法子氏が担当。



関連写真

  • TBS新ドラマ『家族ノカタチ(仮)』で香取慎吾と初共演する上野樹里
  • 大介の父・陽三を演じる西田敏行
  • 上野樹里と母娘バトル!? 母・律子を演じる風吹ジュン

オリコントピックス