• ホーム
  • 芸能
  • 千葉雄大、高校生役はいつまで?「肩を叩かれたらやめようかと(笑)」

千葉雄大、高校生役はいつまで?「肩を叩かれたらやめようかと(笑)」

 女子以上に笑顔がキュートともいわれる千葉雄大。最新出演作『通学シリーズ 通学電車』では、青春映画の高校生役を好演している。最近は俳優以外にも活動の幅を広げる千葉だが、26歳にして学生服姿もまったく違和感がない。現在も学生役が多いという千葉に、いつまで高校生役をできると思うか、さらに俳優&タレントとしてのいまの想いについても聞いた。

◆自分では学生服が似合うと思わない

――『通学シリーズ 通学電車』は共演者の方が千葉さんより少し下の世代でしたけど、刺激になりました?
【千葉】 よく学生役をやらせていただくので、年下の役者さんとお仕事をする機会が多いんです。自分が普通に学生をしていた年頃に、みなさん役者としてプロのお仕事をしている。それってすごいことだなと思います。個性的な人も多くてとても刺激になります。

――自身の学生時代を振り返ったりもしました?
【千葉】 撮影中はいつも懐かしさとかはあまり感じないんです。でもこうやってお話していると思い出すのですが、学生のころはいま以上に毎日忙しくしていましたね。自由になりたいと思いながらも学校があって、勉強以外にも恋愛したり遊んだり、盛りだくさんな日々を過ごしていました。いまは自由な時間があり過ぎるよりは、学生時代のようにやらなくてはいけないことがたくさんあったほうがいいなと思います。

――男子校に通っていたそうですね。
【千葉】 はい。部活もやっていなかったので、わりとおとなしくて地味な高校生活を送っていました。なので、たまに男子高校生同士でふざけているシーンを撮ったりすると、こういう高校生活もいいな〜なんて思ったりします。

――懐かしんでいますが、いまでも学生服が似合っていらっしゃいますよ。
【千葉】 本当ですか? 自分ではあまり思わないんですけど……。「もう学生役は終りだよ」と誰かに肩を叩かれたらやめようかなと(笑)。似合うと言っていただけるのは嬉しいですし、ありがたいです。

◆受け皿を広く持って仕事をしたい

――今回演じたのは不器用男子キャラですが、千葉さんは可愛い男子キャラというイメージがあります。そう言われることに対してどう思います?
【千葉】 ありがたいです。そのうち言われなくなると思うので(笑)。

――可愛らしいビジュアルだからこそ、悪役をやったらギャップがあっておもしろそうだなと。
【千葉】 本当ですか? 実はそういう役もやってみたい気持ちはあります。

――ギャップと言えばバラエティ番組とかでみせる顔はまた違いますよね。とくに『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系)とか。
【千葉】 バラエティは好きでよく観るのですが、僕なんかより芸人さんが出ていたほうがおもしろいと思うんです。ただ、『久保みねヒャダ』に関してはいろいろなご縁もありましたし、ずっと好きで観ていた番組なので出演できたのは嬉しかったです。あのお三方(久保ミツロウ、能町みね子、ヒャダイン)は人と違った観点があるので、お話を聞いているだけでおもしろいですし勉強になります。

――モデル、俳優業のほか、バラエティ出演やMCなど活躍の場を広げてますが、自分の見せ方やプロデュース的なことは考えたりします?
【千葉】 自分が思い描く“なりたい自分”に近づけていく人もいると思いますが、僕は人から求められたことが自分の思い描くものと違ったとしても、それはそれで魅力的だと感じるんです。なので、これからも受け皿は広く持って仕事をしていきたいです。

◆いまは考えていないけどいつか…

――『通学シリーズ 通学途中』に出演する中川大志さんとは、ドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ系)でも共演されていましたね。
【千葉】 仲良くしています。現場が一緒のときは撮影に関する話をしますけど、プライベートで会ったときは「○○っていう映画みた?」なんて他愛のない話をよくしています。

――映画といえば、千葉さんの好きな海外の俳優さんが気になります。
【千葉】 監督でもあり俳優でもあるグザヴィエ・ドランが好きです。あとハリー・ポッター役で有名なダニエル・ラドクリフと映画『キル・ユア・ダーリン』で共演しているデイン・デハーンとか。

――グザヴィエ・ドランとデイン・デハーンを選ぶあたりが映画通ですね! グザヴィエ・ドランのように監督業もしてみたいとか?
【千葉】 いまは考えていないですけど、もともとはそういうことを勉強したくて大学を目指したところもあります。なので、全く興味がないわけではないのでいつか……。

――今後もしかしたら千葉さんが監督した作品を観られるかも?
【千葉】 そうですね。じゃあファンの方との交流会のときにいつか上映しようかな……なんて(笑)。
(文:奥村百恵)



オリコントピックス