アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 嵐・相葉雅紀、相撲部屋から勧誘?「四股名は嵐丸でどう?」

嵐・相葉雅紀、相撲部屋から勧誘?「四股名は嵐丸でどう?」

 人気アイドルグループ・相葉雅紀が、さまざまなニッポンの文化を体験し、その中で日本を学んでいくテレビ朝日系バラエティー『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00)。11月1日の放送回では、日本の国技・相撲を学ぶ。今回、初めて相撲部屋を訪れた相葉は、無謀にも(?)初けいこを付けてもらい、「とても厳しかったです! 柔軟体操といくつかのけいこしか体験していないのに筋肉痛ですよ」というわりに楽しそうだった。

 訪れたのは、東京・墨田区の東関部屋。元高見盛こと振分親方の案内のもと、普段なかなか見ることのできない場所を見学し、東関親方の指導で相撲のけいこにも挑戦。まわしの付け方から柔軟体操、四股踏み、すり足、そして振分親方と組んでのけいこなど、相撲には欠かせない鍛錬の数々を学んだ。

 「相撲部屋はすごく神聖な雰囲気で、屈強な力士のみなさんが汗を流している姿に刺激をもらいました」と相葉。普段から激しいダンスで体を鍛えているはずだが、慣れない動きや予想以上にハードな運動に四苦八苦。「力士のみなさんが四股を踏むとき、上げている方の足もすごく高く上がるんです。みなさんの体の柔らかさに、とてもびっくりしました」と目をパチクリさせた。

 本人が言うわりに、振分親方は「(相葉さんと組んで稽古をしてみて…)どういう感じになるかと思っていましたが、形もしっかりしていました。最初なのにこんなにしっかり出来ていて…すごいです!」と絶賛。東関親方も「上達が早いし、指導者の立場からするととてもやりやすいです。そしてなにより体の柔らかさにとても感心しました」と驚きを隠せない。

 「やはり運動神経がとても良いと感じました。最初はできなくても、少し教えればすぐにできるようになりますし、ダンスをやっていることもあって、センスがありますね」と、まさかの勧誘? 「(四股名は)“嵐丸”というのはどうでしょうか?」と笑いを誘った。

 相葉は「毎日のけいこの積み重ねでできるようになるそうなので、いかに日々の鍛錬が大切かということを学びました。(けいこで)体ごとぶつかりにいくのはけっこう怖くて…。力士の方の胸板は厚くて硬いんです。想像よりも高反発で弾かれました!」と笑顔でロケを振り返っていた。

オリコントピックス