胃がん闘病の黒木奈々アナ死去 32歳

 胃がん治療を公表していたフリーアナウンサーの黒木奈々さんが19日午前2時55分、32歳の若さで亡くなった。所属事務所が発表した。

 黒木さんはNHK BS1『国際報道2014』(月〜金 後10:00)でキャスターを務めていた昨年7月に体調を崩し、胃潰瘍と診断。精密検査の結果、胃がんであることを2ヶ月後の9月10日に公表した。

 手術は無事成功し「もう暫く闘いは続きそうですが、焦らず、一歩一歩前に進んで行けたらと思っています」と決意。今年1月4日に『国際報道2015』で4ヶ月ぶりに復帰したが、再び休養に入っていた。

 通夜は22日、告別式は23日に東京・青山葬儀所で黒木家とセント・フォースの合同葬として執り行われる。



オリコントピックス