ドラマ&映画 カテゴリ

生瀬勝久&桐山漣、日テレドラマ初主演 “次世代”枠で2作品4週連続放送

 俳優の生瀬勝久桐山漣が、日本テレビ系毎週木曜に放送される次世代クリエイターによる次世代番組『ネクストブレイク』(深0:59〜)枠で、それぞれ4週連続ドラマに主演することが明らかになった。桐山は10月15日からスタートする『永久就職試験』、生瀬は11月スタートの『危篤スルー』でともに同局初主演作となる。

 『永久就職試験』は「絶対結婚したくない」と思っている御曹司・森岡孝太郎(桐山)が結婚しないことを両親に納得させるために異例のお見合い会を開催。参加条件は『絶対に離婚しないこと。違約金は5億円』で、たとえ、彼から離婚を切り出した場合でも…。それでも「絶対に結婚したい」と覚悟を決めた4人の女性が孝太郎争奪戦を始める…というストーリー。共演は小島藤子、馬場園梓(アジアン)、須藤理彩、三倉茉奈、山野海ら。

 生瀬が危篤状態に陥った病院の院長・大森昭雄を演じる『危篤スルー』では、彼の病室にかけつけた家族や職場仲間彼を完全に“スルー”して、「医長の後継争い」や「女の取り合い」など、さまざまな人間関係の問題がぼっ発。起きたいけど起きられない主人公の葛藤を中心に、怒涛の人間ドラマを描く。キャストは後日発表される。

 桐山は「主演という大役に選んでいただいたことへの感謝と任務を胸に、作品づくりに励んでいく所存です。そして今回個性豊かで素敵な共演者の皆さまと演じさせていただきます」と背筋を正し「未熟ながらも主演として全体の空間を把握していく意識で取り組むこと。また芝居のハーモニーを楽しみ、時には互いにチューニングを合わせながら進めていければと思います」とコメント。

 一方で生瀬は「主演、ということへの意気込みは全くありません(笑)僕は純粋にお芝居が好きなので、どんな仕事であっても同じような意気込みで挑みたいと思っているので、『主演』への特殊な気持ちみたいなものはありません」ときっぱり。

 「『ネクストブレイク』のドラマということで、これからドラマを作っていく若いクリエイターたちが、どんな情熱を持って、現場でどう僕と関わってくるのかがすごく楽しみです。自分自身も一人のアクターとして、自分なりのスタンスを持っていますが、そのスタンスで挑むというのではなく、監督とディスカッションしながら作品を作っていければ」と期待を寄せている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索